新着Pick

トヨタなど車関連の10社連携、デジタル技術で開発効率化へ…マツダがノウハウ提供

読売新聞
トヨタ自動車やマツダ、パナソニック、デンソーなど国内の自動車、自動車部品メーカー10社は24日、デジタル技術で開発を効率化する「MBD(モデルベース開発)」普及に向けた業界団体「MBD推進センター」を発足させたと発表し
61Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
トヨタとマツダは、2015年の業務提携(①)、2017年の資本提携(②)、2017年のEVにかかるJV設立(③、なおこの会社はもともと2年限定で2020年に終了となっている、④)など関係を深めてきた。
CASE文脈、マツダの米国での投資を一緒にやっていくといった点以外に、トヨタからはマツダのMBDという開発手法に注目したとも言われている領域。MBDIについては⑤・⑥も併せて。

https://newspicks.com/news/962981
https://newspicks.com/news/2411311
https://newspicks.com/news/2522788
https://www.webcg.net/articles/-/43003
https://newspicks.com/news/3853501
https://newspicks.com/news/2853269
人気 Picker
一括企画やコンピュータ上での高度なシミュレーションによって、工数を減らせるのは素晴らしいことです。問題はその手法で浮いた手間暇を何に振り向けるのか。ここに各社の個性が表れると思います。良品廉価が絵に描いた餅にならないことを期待したいものです。
人見さん、心から応援しています。
モデル開発が出来なければ、開発費は
莫大になり、日本の競争力が著しく損なわれます。
それを可能にする技術を、提供していきたいと思います。
マツダが世界に誇れる技術。
MBDはコンピューター上で車体やエンジンの試作を行い、開発期間の短縮やコスト削減につなげる手法で「マツダが独自の低燃費技術「スカイアクティブ」開発に活用して注目された」とのこと。
マツダが主導的な役割を担うとは珍しいけど頑張ってほしい
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.4 兆円

業績

パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.36 兆円

業績

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
6,653 億円

業績

株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
6.15 兆円

業績