新着Pick

スタバ、1杯2千円コーヒー 希少豆使用、17日から - 47NEWS(よんななニュース)

www.47news.jp
 スターバックスコーヒージャパン(東京)は17日から一部店舗で、パナマ産の希少性の高い豆を使ったコーヒーを1杯1998円で販売する。数量限定だが、スターバックスの1杯
331Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
それほど売れなくてもいいし、売れればもちろんよしという巧い商売。小売りの基本に忠実。
「2000円コーヒーなう!」というTweetや投稿がタイムラインに並ぶ日が容易に想像できるな。「シェアラブル」なプロモーション用商品ですね。
味とイメージで勝負!って事ね。その心意気、良いと思うよ。

採算取れる程売れるかどうかは分からない。でもこういうトライアルしないと、商品も客層も上方硬直性が高く成ると言うか、下に向かいがちなんだよね。だから、中途半端でなく上を向いた商品を提供しようという姿勢、良いと思うな。それほどの価値があるかどうかは、実際購入して味わったお客様だけが判断すれば良い事で。
コーヒー好きな人おおいからな
銀座の喫茶店では普通に1200円以上。それは空間の「体験」料としてはリーズナブル。でもスタバで2000円のコーヒーを体験したいとは思わない。でも、そう言う私はマイノリティみたいですね。
にニュースになるだけで宣伝効果大。
あそこは席代500円のコーヒー代がマイナス100円くらいだと思う。不味くしとかないと人が回転しないから。そらでフラペチーノとかと違って何もしてないコーヒーがあれだけ不味い店舗にコーヒー好きはいないと思うんだよね。いられないというか。スタバ好きの店員はいるかもしんないけど。だから豆が美味しかったとしても彼らにコーヒー入れてもらって美味しいかどうか不安。まあそれだけ高級な豆でも機械に突っ込んでガシャポンドリップするなら味は安定はするかも。
コーヒー1杯に1998円払った興奮で味が分からなそうだ。
お寿司なんかでも松竹梅を置いておくと、お客さんは竹を頼む確率が高くなるという心理。
宣伝効果も高いと思うので、商売としてはうまいやり方。
無類のコーヒー好きとして飲んでみたいが。。。勇気が。。

業績

スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で、シアトル系コーヒーの元祖である。 ウィキペディア
時価総額
12.4 兆円

業績