新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
3回目のワクチン接種は、普段過ごす環境を前提として、ベネフィットがリスクを上回る人は接種する判断をすることになるでしょう。
2回目までと違い、自分で考える必要があります。
高齢者でも、一人暮らしで無職の人と介護施設にいる人では、判断基準が変わって来ると思います。

年代別のワクチン接種率を見ると、50代で2回目接種率が50%を超えました。これで罹患リスクが比較的高くなる50代以上で、かなり感染や重症化が抑えられることは朗報です。

一方で、70歳以上でも1割以上ワクチン未接種者がいるんですね。この1割の内、ワクチン接種を出来ないのではなく、しなかった人はどれくらいでしょう。
人気 Picker
年代別の接種率の公表が重要ですね。1回目の接種率は20代が47%、30代が52%とおよそ半数。着実に進んでいますが、まだ半数は手付かずなのですから、局面の打開には時間がかかりそうです。
自治体にデリゲートされるのかと思ってビックリしたけど、そうじゃなくて自治体での接種ということですね。職域接種は宣伝とかでアホな使い方する企業も多かったので無駄が多かった。ブースターはリスクの高い人中心にやるべきだと思うし、自治体で十分。
ん、よくわからない。指針は政府で実施は各自治体でいいんですよね?
やめろこういうタイトル。悪意あるミスリード。