新着Pick
478Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日の前編(https://newspicks.com/news/6213240)に引き続き、今日は後編をお届けします。

地方創生や気候変動といった社会課題に向き合う際に重要なのは「執着できるか」だと諸藤さんは語ります。

「自分らしさ」とは、間違うと迷宮に迷い込んでしまいそうな問いですが、一方で、そこを放棄して対称化したなにかを安直に追っても本当に自分は幸せでいれるのか。いま、社会が過渡期にあり、資本主義のルールの中での画一的なパターンがいくつもあふれる世の中において、「らしさ」を紡ぐ、というあり方には1つのヒントがあるように感じます。
仕事で固執できる何かを持っている方は、多くないのではないでしょうか。
コンサルは、課題を解決することが仕事ですが、社会課題を解決したいとか、社会の何かを変えたいという想いを持っている方は、実は少ないです。
試験問題を解くのと同じような感覚で、クライアントの課題を解決することを目的としている、そういう方が多いので、主体的に生きづらそうな方が多いと感じています。

>主体的に生きなければ息苦しく感じてしまいます。
福岡に移住してから、諸藤さんの影響をたくさん受けていて、この対談でもそれが表れていると思った。
働くというのは、自分らしさと社会との接点だと思っています。その社会との接点が、ひとつの会社とか組織とかにとどまらずにより多様になってきているんだと思います。昨今よくいわれるステークホルダー資本主義に通じるところもありますね。

らしさは(わがままという意味ではなく)「好き嫌い」のABテストを繰り返すことで育まれていくし、会社だけでなく地方やまわりの環境からの刺激を通じていろいろな形でABテストをしていくことが大事。共感できる内容の対談でした。最後のグラフィックレコーディングがとても良いですね。
海外の人たちからすれば、時差のない日本では東京と福岡はほぼお隣さん。九州と北海道も同じという感覚でしょうか。幸せの青い鳥は日本全国どこでも飛んでいるように感じました。それをどう見つけるかは、心の持ちようかと。
最後の諸藤さんのコメントはまさしく。
と思いました。地方創生やまちづくりが余所者の参入で盛り上がる一方で、実際に数十年、もしくは数百年その地で生きてきた人たちはどうなのか?
そこはもちろん一枚板ではなく、あまり言語化されることもなく、表にも出てこなかったり、矛盾や複雑なしがらみもあるので触りにくくなっていることが多いですが、重要なポイントです。
「保守的でどうにもならない!」と匙を投げるくらいだったら余所者が盛り上がっても持続的な「まちづくり」にはならないでしょう。
自分の世代ではやりきれないくらいの何物かに執着して継続している人や事業は信頼できます。

>なにかしらの熱気が日本にあるわけでも、地域にあるわけでもないという今、「福岡×スタートアップが熱い」という何となくの一瞬の熱気への期待感から、「今の東京をキャッチアップする」ということに、飛びつきやすくなってしまっているのではないかと思うんです。
最近よく思うのは、こうなりたいとかこうしたいという想いより、こうなりたくないとかこうしたくないという想いの方が自分の執着につながっている、ということ。

というのも、自分自身、育った家庭で経験したこと、特につらかったことが、こういう経験や想いを自分はしたくないという想いに転換し、今の仕事選びに強く影響している、とよく感じるからです。

だから、ポジティブな動機だけ話す人を見るとホント?と思ってしまったりするし、とあるバッジをつけて意気揚々と語る人を見ると本気?ホントに自分事になってるの?と思ってしまったりするんですよね。

なんで執着するか?は今後さらに大切なポイントになると感じます。
ああ
これは面白い
今の自分の感じている課題意識ともフィットしてる