新着Pick

SBIの新生銀へのTOB期間、条件付きで11月24日まで延長

読売新聞
インターネット金融大手のSBIホールディングスは24日、新生銀行に対して実施中の株式公開買い付け(TOB)を巡り、10月25日までとしていたTOBの期間を、条件付きで11月24日まで延長すると発表した。新生銀に、「株主
168Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SBIから新生銀行への以下の質問票の回答を聞いてみたいです。他のメガやりそな、あおぞらは公的資金の返済が完了しています。できていないのは大手で新生銀行だけ。
https://www.sbigroup.co.jp/news/pdf/2021/0924_a_01.pdf

—以下、引用—
貴行に対するご質問
当社らにおいても、貴行株主の皆様が判断を行うための情報提供は極めて重要であると 考えております。(中略)以下の重要事項について、2021年10月1日正午を目途にご回答いただけますよう、よろしくお願いいいたします。

1 貴行は巨額の公的資金を注入されてから20年以上を経ても返済出来ていない中、国民財産保全の観点からもかかる状況は大変由々しき事態だと考えておりますが、貴行はこの点何が要因であると分析されているかご教示ください。

2 公開買付届出書7ページに記載のとおり、貴行においては2016年3月期以降業務粗利益、実質業務純益、親会社株主に帰属する当期純利益いずれにおいてもほとんど の事業年度において貴行公表の計画値が未達となっております。当社らが拝見する限り、これらの業績低迷に対して抜本的な対応策を講じられていないように思われますが、今後業績ならびに企業価値を向上させ、最終的には公的資金の返済を行うために貴行は如何なる施策を講じようとされているのか、当社らが提案している企業価値向 上策を上回るような貴行経営陣による具体的な企業価値向上策がもしあればご教示く ださい。

3 当社らにおいては、上記2記載の業績低迷が、貴行株価が低位に推移していることの根本的な要因であると考えております。かかる低調な株価水準によって、公的資金返済から遠のいているようにも思えますが、貴行の見解をお聞かせください。
以上
一連の流れからすると合理的な対応なんだろうと思います。
少し時間ができたので、両社でしっかりと正面から協議をしてほしいなと思います。どちらの示す戦略や方針が企業価値向上に資するのか、まずは両社で十分協議を行い、そこがすれ違う場合には株主に対してどちらの方針を支持するのか問うてほしい。

一方的な主張を書面でぶつけ合うだけでは負の感情しか生まず、結果がどうあれ関係者にとって何のプラスも残らないように思います。
条件を出すことで、延長しない選択肢を留保しながら、差止請求を行う合理性を補強している印象。
いずれにしても、預保とRCC(政府持ち分の株主)の臨時総会での動きが興味深い。
超強気姿勢だったSBIが若干の譲歩を見せた裏には、金融庁の介入があるのでしょうか。
臨時株主総会は、以下の3事項に関して開催されるのが常ですが、新生銀行が「新株予約権の発行」以外の議題をどう勘案してくるか注目です。

(1)補充取締役の選任
(2)非公開会社の第三者割当の商人
(3)新株予約権の発行
本件ケッコウ讀賣が抜きますね。
~当局リーク?
最強民間金融機関vs最強官民金融機関
株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、Shinsei Bank, Limited)は、東京都中央区に本店を置く普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
4,911 億円

業績

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
7,428 億円

業績