新着Pick
832Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「本を読むほど、いい人間になれる」というのは、いわゆる教養主義ですね。こうしたイズムは、日本だけでなく米国にも存在することが、この記事からわかります。

出版社の人間としてはありがたい限りなのですが、「本を読むほど、いい人間になれる」というのは確実に幻想です。「最近本が読めていない」と危機感をもつ必要はありません。人生を豊かにする方法は、読書以外にもたくさんあります。

読書を重ねることで確実に獲得できる唯一のことは「これだけ本を読んだ」という自負です。「あいつは読んでいない、私は読んでいる」というのは、非常にクリアな差になります。自分自身を満足させられます。速読に興味をもつ人が多いのも、その「差」をつくりたいからでしょう。

「ウェブページの閲覧数」が外部に示されるサービスがあれば、きっと「私は10万ページを読んだ」などと自慢する人が出てくるはずです。「年間100冊」というのは、その程度の意味しかありません。ご注意ください。
今週は、英語版Quartzの有料ニュースレター「How to」から「年間100冊読む方法」について。読書法については誰もが一家言あるように思います。個人的にも、特にここ数年、読破した冊数が減るばかりで少し危機感を感じている1人でもあります。

一方で、買ったのは良いものの、どんどん未読本が溜まっていくことも、、、積読については、Quartz Japanが若林恵さんとお届けする日曜日の有料ニュースレター連載「週刊だえん問答」からこちらをぜひ👇

『Guides:#66 積読のライブラリー』
🔗https://qz.com/emails/quartz-japan/2047500/

Quartzの日本語版「Quartz Japan」では現在、平日朝夕と日曜日にニュースレターという形でコンテンツをお届けしています。Quartz英語版の記事もすべて読み放題です。ぜひ、7日間のフリートライアルでお試しください!

登録はこちらから👉https://qz.com/japan/subscribe/
本をたくさん読むために実践しているのは図書館を利用することです。といってもこの記事で紹介されているテックなものではなく、リアルな本を借りて読む図書館です。図書館で借りる本には返却期限があることがポイントです。これでいわゆる積読がなくなります。図書館で読んだ後に同じ本を購入することもかなり頻繁にあります。人類最大の発明は締切だという格言があるとかないとか?ですが、まさに図書館で借りて本を読むのも締切を利用した生産性向上作戦です。
接している情報の量は変わらず、質が低下していると感じる人は多いはず。アウトプットされる情報がどれだけの思考を経て出されたものかという軸でコンテンツ(SNSのタイムラインなのか、読み継がれた名著なのか)を取捨選択すると豊かなインプットを得やすいかも。
最近読んだ本では、「チョンキンマンションのボスは知っている」がオススメです。文化人類学者が著した、チョンキンマンション(というか香港)を拠点にビジネスをするタンザニア人コミュニティのフィールドワークエッセイですが、ネットワーク、シェアリングエコノミー、信頼の担保、「ついで」エコノミーなど、身近な課題に引きつけて考えさせられるところが多々ある書籍です。
年間、何冊くらい読んでいるだろう…図書館を使いまくっていて、毎週3冊くらいは借りている気がするので、150冊くらいか?
岩嵜さんがコメントされているように(ありがとうございます!)、期限の力は強い。本屋さんも大好きで、現在のトレンドとか店員さんのオススメでセレンディピティがある。一方で図書館も大好きで、過去からのストックがあるので、今の流れだけでなく多様性があるように思う。
借りた本を全部真剣に読んでいるわけではない。全部が良い本ではないし、また常に集中できるわけでもない。ただ一杯読んでいると当たりの本、当たりの箇所に出会える絶対数は上がる。
そして、人間一人の人生では到底考えたり経験できない量を、本を通して近づける。衣食住(睡眠含む)以外で、何がなくなったら困るかといえば情報。ネットも本もだが、どちらかしか選べないと言われたら、情報のまとまり度とか考えると長期的には本かも。
そんなに読みたい本がないから、興味のない本を100冊も読んだら読書嫌いになりそう。むしろ100冊も読みたくなる方法が知りたい。

でも論文のアブストラクトはそのくらい読んでるかも?
今年~来年はまた読書に注力して知見を蓄えようと考えているタイミングなので、そうだよなーと思いながらこの記事を読みました。
年間100冊は決して難しい数字ではないですが、この数字が目標になってしまっては良くない。重要なことはどんな狙いでどんな本を読みどんな知見を得たのか、だと思います。読もう!
本を読むのは知らない世界を体験できるので欠かす事ができないなと日々感じてる。僕も年間50冊くらい読むのだけど、もっと読みたい。
老眼になってくると、小さい字が読みづらく、読書から遠ざかりがちでしたが、最近は音声版で読書することで、移動時間、ウォーキング時間などを使って読書しています。

amazonのaudible、日本サービスではaudiobookなどが便利です。どちらも、今は、朗読のプロが読んでいます。中には合成音声(自動読み上げ)の書籍もありますが、未だとても聴けるレベルには到達していません。

そういった意味では、音声コンテンツを、プロの朗読なしで構築できるサービスを作ったら、大きくスケールすること間違いなしです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません