新着Pick

バイデン大統領は腕時計を見ていた

NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス]
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本でほとんど報道されなかったが、バイデン大統領の支持率が就任以来、最低となっている。アフガニスタンからの米軍撤退の方法が失敗だったとする非難が国内の多方面から浴びせられた結果だ。特に、最も厳しいバイデン大統領非難はアフガニスタンで戦死した13人の米軍将兵遺体帰還の式典の最中、彼が時間を気にして腕時計を5回も見たことに向けられた。海兵隊のカリーム・ニコウリ上等兵の母シェーナさんは、激しくバイデン大統領を非難した。「私の息子の遺体が他の12人とともに祖国に着陸したという厳粛な瞬間にバイデン大統領は5回以上も腕時計をみて、時間を気にしていた。祖国のために命を犠牲にしたアメリカ人の若者の霊に最大限の弔意を表すべきアメリカ大統領が他にもっと重要な用事があるかのように時間を気にするとは、死者への冒涜だ」