新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
既に配信したレポートでも触れましたが、記者会見での関心は利上げの方に移っていました。

今回のdot chartは特に2023年以降のばらつきが大きいのですが、最頻値の6名(もちろん同じ人とは限りませんが)を辿ると、2022年末に25bp利上げした後、2023年と2024年に概ね100bpづつ利上げするパスを示唆しています。

FOMCが年8回あることを考えると、2回に1回の会合で25bpづつ利上げすれば十分ということになり、過去に比べて緩やかなペースと言えます。

逆に言えば、FOMCの中心的な見方は、、緩やかな利上げをしながら、次の景気後退前には中立金利付近まで持ってゆこうとするために、利上げの開始をやや前倒ししたいと考えていることが推測されます。