新着Pick
74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「テレビの報道や情報番組が自民党一色だ。放送倫理・番組向上機構への対応も考えていかなければならない」

報道というのは国民が関心のあることをしっかり伝える義務があります。なんとか機構に言う前に、国民の多くが野党に期待していない証として反省すべきでしょ。
最大与党である自民党の総裁選こそ次の首相をうらなう国民の最大の関心事であり、マスメディアはその期待に応えているだけでしょう。こういう状況下では、野党はもっとSNSやネットTVを利活用してはいかがでしょうか。

思い出せば、民主党政権のとき安倍元首相はFacebookを巧みに使いこなし若者の支持を取り付け、その後の復権さらに長期政権に繋げました。今は当時よりも選択肢に恵まれており、いかようにもアピールできるはずです。

尤も、メディアは手段であり、本質は揺るぎない政治理念と政策方針に違いありません。
立憲民主党のうじうじとした繰り言にいちいち突っ込むのも大人気ないとは思いますがもうほとんど日課になってしまったもんで(しかも面白いと来ているのだ)。お付き合い下さい。

立憲民主党の枝野さんは先日の会見で「菅総理を退陣に追い込んだのは自らの成果だ」と誇っておられました。「弱い菅総理のまま衆院選を迎えて弱い菅総理を叩いて衆院選圧勝」。そんな都合のよいシナリオが崩れての苦し紛れの虚勢といわれたりはしますがそれでも菅総理が退陣したという事実は事実です。

さて。自民党総裁である菅総理が退陣すれば当然のことですが自民党では否応なくというか自動的にというか新総裁を決める手続きを始めなければなりません。もしも立憲民主党が「自分たちの力で菅総理を追及して首尾よく菅総理の退陣を成し遂げた」と誇るのであれば「そのあとに自民党総裁選が始まること」を理解していなければならなかったはずです。そしてそれが来たる衆院選を前にして次の総理大臣候補を選ぶ国民的関心事になるであろうことも。

ところが立憲民主党は「菅総理を退陣させた」⇒「自民党総裁選のトリガーを引いた」という。そのくせに「自民党総裁選が報道されることは気に入らない」とおっしゃる。自らが「菅総理を退陣させる」というトリガーを引いたことを誇るくせにその結果に文句をいう。なんか矛盾してませんか?

菅総理の退陣。それは「自らの成果」だったのか。それとも「寝耳に水」だったのか。さあ。どちらなんでしょう?