新着Pick
860Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何かとAIという言葉を添加させて資金集めを試みているスタートアップがいる傍ら、Seldonのように領域を相当特定して、広範囲へのAI適用に邁進している企業を応援したくなります。マシンラーニングのオペレーションに特化しているのは一見地味ですが、時代をとらえている気もします。

AI/MLに乗り遅れてはいけないと切羽詰まっている企業側の目下の課題は間違いなくAI/MLを活かす人材。レコメンデーションエンジン周辺に携わったことがある人にとってメンテの重要性は説く必要はないでしょう。Seldonのホームページのメッセージが分かりやすすぎて素敵だなと思いました。Machine Learning deployment for Enterprise: エンタープライズ向けのML導入

そして、どれだけ膨大なデータに触れるかが勝負の分かれ道だとすると、オープンソースのアプローチは短期間で投資回収はできないものの、持続的な力の源になることは間違いないと思います。

日本は、R&Dの充実を図るために大学研究機関積極的投資を表明しているが、欧州に見習うべきは、国が発展を促す技術を明確に決めていて、サポート内容に具体性がある点。まずは技術の目利き力を強化する必要があると感じます。
ヨーロッパはアメリカ市場からみても有力なマーケットで、記事にもあったように有力スタートアップの進出が相次いでいます。

一方でアメリカ同様一部の有力VCがキープレイヤーであることに変わりはなく、Spotifyの初期の投資で知られるCreandum(スウェーデン)、Delivery Heroの投資で知られるPoint Nine(ドイツ)、Wiseの初期投資で知られるSeedCamp(ロンドン)、老舗のIndex Ventures、Accelなどが大きな流れをリードしています。

あとユニークな所だとFrontlineというVCはヨーロッパスタートアップのアメリカ市場展開と北米スタートアップのヨーロッパ市場展開を支援しています。フィンテック大手のClearcoも彼らの投資先の一つです。
ヨーロッパにおけるスタートアップ投資額が、ここまで大きくなっているとは知らず、グラフをまじまじと眺めてしまいました。

金融都市ロンドンより、現場に深くはいりこんでいる日本人投資家が、いま目をつけているスタートアップと、その背景をわかりやすく教えてくれています。

興味をもったのは、保険分野の話。いわゆるフィンテック分野から大量のユニコーンが登場して、一回りしたいま、インシュアテックは一回がっちり研究したいとおもうほど、面白さを感じました。ウーバーイーツの配達員が、オンオフで自由に保険をかけられるベンチャーが、ここまで大きくなっているとは知りませんでした。

ぜひ現地発のスタートアップ情報をご一読ください。
AIを活用したDrug Repurposingは本当に面白いと思います!
Repurposeなので0から作るよりもより効率的にソリューションが見つけられます。

PHRが完備されているイギリスが欧州では今までヘルスケアの中心地でしたが、ドイツがDigital Health Actを施行しマーケットでPOCを行いエビデンスを集められるようになったので、最近は多くの欧州ヘルスケアスタートアップがドイツを目指しています。
今後欧州でのヘルスケアは注目ですね!
欧州のスタートアップ企業について解説してくれています。欧州と言っても、フィンランドやスペイン、ドイツなど各国異なる環境なので一言で言えませんが、スペインは大学レベルが高いのに賃金は安いのでR&D拠点にしだしているなどは面白いですね。

”スペインは、大学のレベルがとても高いのに、賃金は安いという点が注目されています。
いま、R&D拠点などをスペインやポルトガルに持ってくる動きがあります。以前ならルーマニアやポーランド、ハンガリーなど東欧が流行していました。
しかし、徐々にスペイン、ポルトガルに移っています。わたしの投資先にも、もともとハンガリーで働いていたCTOが、最近になってスペインに移りました。”
ほんの少し前まで、「果たしてスタートアップが根付くか?」な雰囲気だったのが嘘のようです。ユニコーン、デカコーン続出でベンチャーが急成長の欧州。

日本も背中を追いかけたい。そのヒントを上前田さんにお伺いしました。
ヨーロッパのスタートアップ業界は知らなかったので勉強になりました。特にギグワーカー向けの保険のスタートアップの話が興味深かったです。
ユニコーン、デカコーンが出てくる分野には何かしらの課題があり、その課題を解決するスタートアップが必要なのだと改めて感じました。
イギリスはジョンソン首相の後押しも大きいのでしょうね。欧州のスタータアップの発想は国の歴史や文化とも関係しているように思いますが、市場展開に関しては国の枠にとどまらないのがすごいと感じます。
英国は米国や中国に次いでユニコーンの多い国。テクノロジー企業だけでユニコーンは100社を超えています。テックスタートアップの調達額は2021年だけで145億ドル。2020年下半期の89億ドルをはるかに超えています。

英国テックユニコーンのうち、フィンテックは34%で最大のシェア。ヘルスケア、旅行・交通、フード、ゲームなどがそれにつづく。英国でフィンテックユニコーンが多く育つのは、オープンバンキングという土壌があるから。それを推進しているのは、英国のFCA(Financial Conduct Authority)、日本の金融監督庁にあたる存在です。
銀行の裏側の仕組みを全てAPIで提供し、誰でも自前の銀行を作れてしまう"BaaS(仕組み提供)"をするレイルズバンク。
しかも既にグローバルにその技術が提供できる状態。
AIメンテナンスのseldonやAI創薬分野のHealXも興味深いが、最後の"オンにしている時だけ保健適用"のジーゴというサービスもかなりユニーク。
保健の時間適用は画期的。

いずれもアイデア、技術ともにとても気になる分野。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。