新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
駅で止まらないのがいいんですけどねぇ
素晴らしいカイゼンですね。JR東日本の年間電力使用量は一般家庭140万世帯に相当するので、絶対値の効果も大きそうです。

AIによる自動運転も適用しやすい分野のように思います。
車両モニタリング機能によって効果的な運転を測定。省エネ効果と乗務員の操作性を加味した上で最適な加減速のタイミングを算出する、と。運転手の経験による技術格差も無くなるだろうし、利用者も安定した運転を享受できる。素晴らしい仕組み。
通常の運転と、省エネ運転の運転パターンの差をみると…まだまだ改善の余地が大きいようにみえます。

そう考えると、駅での停車、乗客の乗車、駅からの出発…そこだけは人間がやって、駅と駅の間の運転は、AIに任せればよいのでは?と感じてしまいます。

少なくとも、AIによるサポートがあれば、更に省エネ運転できると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
すばらしい取り組み!自動運転にするとさらに減るような気もする。