新着Pick
1697Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワンダーラーニングでいこう。

学び続ける知性を磨いて、型にはまることなく、成長し続けましょう。

Free Yourself(自分を解放する)

Create Yourself(自分を創る)

Exceed Yourself(自分を超える)

どんなことからも学ぶことができます。イマジネーションをふくらませ、創造的な関連性を見出せば、仕事にも活かせます。

日常生活の中で、小さな発見にもワクワクしながら学び続けるワンダーラーニングをお勧めします。
>マーケターは、世間で「これが流行りだよね」と言われ始めたら、もう遅いと考えてください。

事例ばかりを求める方々にも覚えておいてほしいことですね。
なんでも早ければいいというものではもちろんないのですが、失敗するタイミングが遅くなるのは致命傷につながりかねません。
早めの失敗と学びが、企業の成長につながっていくのではないかと思います。
本を読んだりすることだけが「学問」ではないと説いたんは福沢諭吉でした。

掃除をしたり風呂焚きをするのも、立派な学問だと。

ただ、福沢諭吉は実学偏重のきらいがありましたが。
タイトル勿体ないなと思うくらい、色んなことが詰まっている話。環境変える話はここまで極端では無いものの、私も楽をしてるなと感じたら必ず転職するようにしているのでとても共感。自責思考も大事ですね、こうした考え方の根幹が合わない人とはやはり大事な仕事は一緒にできなかったりする。
いくつになっても、新しい刺激は大切だと思います。年齢を重ね、こうあるべきとか、保身に走ってしまいそうになるところ、少しずつでも前に進むことへの希望が再確認できました
#キャリアコンサルタント
私もOJTじゃないと全く覚えられないので前刀さんのおっしゃるワンダーラーニングいいなと思いました。
前者は耳が痛かったwし、後者にすごく共感。
「勘違いしてほしくないのは、最近よく聞く「自分らしく」「ありのままで」なんて言葉を受けて、何も努力しないことをよしとすること。そうではなくて、ロールモデルや型にはまらずに自分なりに成長することが、「自分らしく生きる」ことだと僕は思います」
「自分らしく」が一番大事ですね。

(以下、記事中から引用)
 本当に「自分らしく」生きている人は、すごく自然にやりたいことをやっています。「自分なんて」と謙遜しませんし、変に肩ひじを張らず、自然体で意見を言えている。逆に自分らしく生きていない人は、言い訳ばかりで、「本当は〇〇したいんだよね」と言い続けている。それに、人の成功を受け入れられない人もその典型ですね。

 嫉妬はしても良いのです。それが前に進むエネルギーになりますから。ただ「悔しい」と思ったら、ほんの少しだけ、深く考えずに新しいことにチャレンジしてみましょう。一歩踏み出せば見える景色も変わってくるし、考え方も進化します。

 ただ、「失敗しても良い」と考えるのはダメです。やるときは必ず、成功したいと強く思ってください。すると、失敗が悔しくなる。悔しいと思えるから、そこから学ぶことができて、それを次のチャレンジに生かせるのです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

業績

Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
272 兆円

業績

業績