新着Pick
264Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
睡眠の質が下がる原因は人それぞれなので、そこを見極めを最初に行いたいです。

無呼吸だったらCPAPを使うなど明確ですし、
生活リズムの乱れだとすれば起きる時間を揃えるなど、
精神的なものの場合はいろいろ対応策が必要になりますね。
子供達のすぐにすっと入る睡眠、そして朝のすっきりした起き方を眺めているだけでも、なんて睡眠の質が良いのだと感じます。
一日頭をフル回転していても、家でもできるヨガとその瞑想、お風呂でもゆっくり出来ます。寝よう寝ようとするのではなく自然に眠くなる体の感覚が、引き起こされてきますので、デジタル機器に触れずに瞑想する時間は有効だと感じます。
朝6時起きをキープするよう心がけてます。娘が寝る時間が21時。そこからスマホはOFF。我が家はそれで消灯です。22時ぐらいに寝付けば、朝の目覚めはスッキリです
#キャリアコンサルタント
入浴→ストレッチ→マッサージが個人的ベストな睡眠前3ステップです。仕事柄スケジュールが変動するので入眠時間はなかなか固定できませんが、この3ステップで「今日も1日の終わりです」と自分を信じ込ませるとうまくいきます。
睡眠は当たり前のことだったはずですが、実は多くの人が悩みを抱えているものです。運動やメンタル面など様々な要素が重なっていることなので睡眠の質だけを考えても効果が上がらないことが多いと思います。
睡眠の重要性は、周知の事実。一日を充実させるためにも、睡眠を犠牲にしない習慣を意識したい。習慣を身につける…実質なところ、簡単なような簡単ではない。先ず、試してみる。無理なく続けることが出来るものは、自身に合っていると思われる。それを見つける上で、データは役に立つ。客観性がある程度担保され、自身と同じような人間の特性に照らし合わせた処方が見込めるのは大変有益だと思う。人間一人ひとり異なる特異性を持っていることを鑑みると、一様に、これが効くということにはならない…。自分自身を"理解する"ことが今まで以上に簡単になっていることを素直に喜びたい。
秋になってだいぶ眠りやすくなりました。睡眠に関する本は何度か読んでますが、睡眠空間の照明とか温度も大事だと思います。あと、Oura Ring 使ってますが睡眠を振り返れるので、自分の行動と合わせて考えると納得感があります。
この三つではない気がします。
睡眠の質を上げる最大の方法は、早く寝る、だと思います。
早く寝ることで早起きでき、一日が充実し、また早く起きていることで早く眠くなる、単純ですが、このサイクルが最も有効かと思いました。
朝5時起きしてたのが、マットレス変えて起きれなくなりました(コアラマットレス)。ホント、いいのか悪いのか。

でも、寝るのも遅くなってるの確かで、Oura Ringによれば日々睡眠の質は低い模様。
睡眠の質を上げたいと思ってこの記事を読んだものの、、、
どれも質が上がる気がしない…。