新着Pick

アパレルの大問題「グリーン敗戦」は回避できるか

東洋経済オンライン
繊維・アパレル産業は、「環境負荷の高い」産業である。たとえば、CO2排出では、繊維産業は全産業界の中で約8%を占め、自動車産業と同程度のCO2を排出している。殺虫剤による土壌汚染では、世界の中でわずか3%の…
59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
気候変動はグローバルな問題で、日本だけ特別な『ガラパゴス状態』は通用しない。欧州では2035年にハイブリッドカー含むガソリン車の販売禁止。同じことがアパレルでもそのうち起こる。エシカルは意識高い系と揶揄される時代は終わった。ゲームルールは明らかに変わった。今や環境負荷指数は最重要経営KPIになった
アパレルだけではない。
→自社の企業活動でどの程度CO2を排出しているか調べたのだが、その多くが社員の「移動」で発生