新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インターネットが登場したときにも同じ議論がなされました。いま、インターネットのせいで仕事が奪われたとお感じの方はどれだけいらっしゃるでしょうか?

特定の職業に目を向ければ確かになくなるものもあるかもしれません。しかし、それ以上にIT人材が求められているように、AIに関連する人材が求められ雇用は拡大するのではないかと思っています。
従業員の高齢化や雇用が足りていないような領域(例えば介護とか、保険の査定とか)そういったところではAIによる支援は高く望まれています。日本は少子化・高齢化の先進国であり、そのようなAIの活用方法を開拓できる機会がある。私が言うとポジショントークぽくなっちゃうかもですが、これはものすごくリアルなビジネス機会だと明白に感じています。これらの分野でソリューションを確立できればこれから高齢化が進んでいく他国に輸出もできます。
一方で、誰が作ったAIなのか、と言う問題があります。AI分野のR&Dで日本が遅れをとっていることは広く知られていて、つまりアメリカや中国の作ったAIが日本の雇用を置き換えていくということになると、これは経済的な発展の観点から危惧するべき状況です。
ですから今急激に必要なのはAIを作る側の人材を育成していくこと。インターネットも膨大な雇用を作り出したのと同様AIもそうなるでしょう。現にどのAI会社も高いスキルを持った人材の採用に苦労しています。
中身読めないので分かりませんが、この議論でもれがちな視点は、「人間の方が安い」ケースも多いということ。

AIが人間よりも優れた能力・ケイパビリティを有していたとしても、そのサービスを利用する側にとっては安い選択肢を選ぶのは自然。自動運転よりも人間のドライバーの方が安い状態は、しばらく続くのではないでしょうか。会社や部署特有の煩雑性・特殊性のあるエクセル作業は、AIで自動化するにはスケールが足りない、というケースもまだありそうです。

似たような話で、「電力消費量の効率性」という観点もあるかと思います。人間の思考は機械の思考よりも電力使わないはず。人間の方が機械よりも環境に優しい場合もある。
個人的には奪わないと思います。

そもそも仕事はどうやって生まれるか?を考えれば良いと思っていて、個人的見解では、「人の思いつき」からです。

「これって、もっとこうした方がいいんじゃない?」
「なんでこれってこうしないんだっけ?」
「○○みたいな世界観や未来って良くない?」

というような、ふとした思いつきやアイデアから全ての仕事は生まれる。
日々の仕事を思い出してみれば、会社員であれば、社長の思いつきだったり部長の思いつき、問題意識が源流となって自分のタスクが生まれていることに異論はないかと思います。

そうした根本が崩れ、AIが人間にとって変わって価値の源泉を作り出す(つまり、AIが新たな論点出しを行い、問題を作り出す主体となる)ようになる世界観が新たに生まれるのです、というのであれば、仕事、ひいてはビジネスの商流そのものが変わってしまうため、仕事を奪うというのは大いに考えられるはずです。
AIと言うよりデジタル化で奪われる仕事は膨大でしょう。

勘違いしている方が多いのですが、一人の仕事をAI代替することが本質ではありません。デジタル化+AIで業界構造が変わることが本質です。

CDショップが消えたように、「ネット化+AI」は大きなインパクトでした。EC化率はBtoCは未だ8%に止まりますが、BtoBは33%です(経産省)。やはり直に目で見て買いたい人が多いからでしょう。でも、5G+VRで高精細大画面3D映像が来たら、BtoC ECも急速に拡がるでしょう。

次の大波は、自動運転含む「ロボット化+AI」です。リアルな現場なのでゆっくりですが、2020年代後半から徐々に広がると考えます。自動集配車が普及すれば街のクリーニング屋は大打撃です。自動調理ロボにはコンビニイートインが外食産業を奪う可能性を感じます。

見えづらい未来として、デジタル移民があります。機械翻訳精度が上がれば、ホワイトカラーの外国人テレワーク就労は仕事を奪う可能性大と思います。
ゾゾスーツ、ワークスアプリケーションズのHUE、自動運転など、2015年位に人々が熱狂したAIは殆どがまだ実用化されなかった。レイ・カーツワイルの技術的特異点2045年はまだ先だけど、ほとんどのAIに関する未来予測はちょっと時期が遅れるんだろうなと考えています。
AIが今の仕事をどう奪うかの研究はもう古い。どう新しい仕事を生むかの研究は乏しい。それはAIに予測させるか。つまりAIは経済学者の仕事を奪う。
仕事が奪われるというよりは、新技術に合わせた仕事も創出されることを考慮に入れる必要があると思います。

ただ間違いなく仕事がなくなるのは定型的な事務作業や単純労働でしょう。

そういった仕事をしている人は、付加価値をあげていく方向性を考えないと先は短いと思います。
昔、僕が担当していたような不動産収益シュミレーションやSNSアナリティクスなんてのは、どうなるかなぁ?
奪うこともあれば、創出することもあります。

全てのことには、光の部分と影の部分があるので、どちらかのみに注目せず、両方に注目することが大事です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません