新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この種の記事では、毎回、混雑率の定義を調べてしまう。
混雑率とは、一定時間内の乗車人数÷輸送力(定員合計)を意味するそうだ。

100%は、乗車人数が「定員」を越えた状態で、そもそも「定員」とは何かが疑問になる。

自動車や船舶のように、「定員」オーバーは違法ではないようだ。自動車には、積載荷重の限界があり、快適性はもとより、安全性に大きく関わってくる。なぜ、電車は違うのだろう?

運行者が混雑率をいうところは、自動車業界とは異なる常識のように思う。

一方、乗車定員オーバーでの運行は事業収益上、どうなんだろう。過積載は機械に負荷がかかり故障の原因になるので、限界収益は必ずしも右肩上がりではないはずだ。

混雑率だけに着目せず、運送システム全体での効率性を評価することが必要だ。混雑率がその問題に目を向けるトリガーになっているなら、意味のかる記事だ。
コロナが、小池知事も公約に挙げた通勤混雑緩和の最も安上がりな解決方法を示してくれました。もっともJR東にとっては収入減になりますので、赤字路線の東北、信越地域の在来線のバス転換等経費節減策を講じなければならないでしょう。人口減少に備えるためにも、ちょうどよい機会です
このような状況下でも混雑率が上昇している路線があるということが驚きでした。
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、東日本を中心として旅客鉄道等を運営する日本の鉄道事業者。1987年4月1日に、国鉄分割民営化に伴い日本国有鉄道(国鉄)から長野鉄道管理局、新潟鉄道管理局及び東北・関東地方の各鉄道管理局の鉄道事業を引き継いで発足したJRグループの旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.75 兆円

業績