新着Pick
1615Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
伝統的な四象限による政治の流れの解説。わかりやすく、改めてとても面白かった。特に最後の、今の国民の感覚はどこにあるのか、というのが興味深い。リスクは社会によってヘッジしてほしい、でも価値観はリベラルであったほしいと思っている、という読みですが、本当にそうなのか。データが十分に取得可能になった今、何割がどういう考えをもってる、というようにセグメントごとの思想データが取れるとより深く国民理解ができると思う。平均値で国民を理解するのももうそろそろ終わりの時代だろう。
この4象限に候補者がマッピングできるのがある意味自民党の強みですよね。小選挙区制で派閥の影響力が低下(選挙区から自民党の候補者は1人しかでないので、公認を行う党本部がより力を持つ)したとはいえ、いまだに擬似的な政権交代が自民党政権で起こりうることを示しています。

野党は「反自民」と主張しても、自民党にこれだけの選択肢/多様性があると政策では違いを明確にアピールできないですよね。リベラル/保守どちらでもいいですが、野党は今まで以上にポジションを取って、現実感あるはっきりしたアジェンダ(トレードオフを受け入れる。ひょっとしたら国民には耳が痛いかもしれないアジェンダ/政策)を提示できないと、自民党に勝つことは当面難しいのではないでしょうか?
非常に面白く、同意する部分が大変多い分析です。マスコミの方々もぜひ活用していただきたいです。

②に大平正芳さんがプロットされているように、このポジションは自民党保守本流である宏池会のポジションです。宮澤喜一さんも間違いなくここです。まさに穏やかな保守ですね。宏池会は政策には強いが政局には弱いと言われた派閥です。総裁にはなりながら総理になれなかった谷垣さんも典型的な宏池会タイプでした。

米国で言えば、②が民主党で、④が共和党ですね。ただしトランプさんは測定不能な感じがします。(あえて言えば①)
だからマケインさんは嘆いていたのです。

日本の民主党、現在の立憲民主の最大の罪は、この「穏やかな保守」的な考え方を、彼らの能力の低さから「ダメな考え方」であると国民に思わせてしまったことです。

「今の自民党が自ら④から抜け出すことはなかなか難しい。だからこそ、②を担える野党が登場してきてほしいと思います。ただし、ここを左翼的な革新勢力に任せることはできません。穏やかな保守や社会民主主義の連帯で実現してほしいと思います」

全く同感です。そして今回の総裁選挙で高市さんが勝てばその流れ(自民党分裂⇒まともな二党制)を誰かがつくるべきだと思います。
安倍さんや高市さんが持つ「歴史修正も含めた国家観」は自民党の中でも決してマジョリティではありません。民族保守層に配慮しなくていい保守政党がもう一つ必要だと思います。
この4象限だと「リスクは社会化してリベラル」が一番無難な感じだけど、問題はリーダーになった後に現実の政策と向き合って何をどこまでできるか、という具体論になる。何でもかんでもリスクを社会で取るというコストは莫大なものになるし、社会効率は必ず落ちるので現実にそんな政策を貫徹はできない。しかし「リスクの個人化」と言われてしまうとなんだか恐ろしさを感じて、選択できないし、実際これだけ資産格差が大きい社会では現実的でない。実際には誰が総裁になっても中庸的な政策になるのか。
今回の総裁選だけではなく過去の首相にも同様のフレームワークに沿って解説されていたので、興味深くわかりやすかった。

個人的にはリスクの社会化・個人化のテーマは関心も高く、政策上の考え方にも直結するので二軸の一角を占めるのは違和感がなかった。単純にリスクを社会化するか個人化するかではなく、どういうリスクを社会化し、どういうリスクを個人化すべきなのか、を個人をどう位置付けて、かつ今後のより力を増してくるテクノロジーや民間の力を同レバレッジするのか、その方が良い解決策を描けるのではないかという、内向き志向の政策だけではなく外向き志向も取り入れた仕分けこそに政策的意義が出てくるように感じている。

もう一つの軸、リベラルとパターナルだが、こう書くともう一角を占めるべきコンセプトのように聞こえるが、この記事を読んでみると、もう少し適切な政策的特徴を表す軸があるようにも感じた。なにが適切かは私は明確には答えられないが、格差社会への許容度というのも一つあるのではないかと感じた。

いずれにせよ我々がわかりやすく政治に興味を持ち、民主主義として適切なガバナンス が効かせられるような情報発信が増えるのは大歓迎です。
このマトリックスへのプロットによりタイプを診断するのは非常にユニーク、なによりわかりやすくて素晴らしい。多くの国民を調査したら、この4象限のあちこちに散らばるんでしょうね。もはや平均像をあぶり出すのは難しいでしょう。

この4人の候補者についても②と④にカテゴライズされるとのことですが、安倍さんに気を使って・・・なんてことをやって心にもない主張をしているのであれば、そんなことより素の姿を知りたいですし、それは過去の言動を見て我々各自が判断するしかないのでしょうね。

それにしても安倍さんに主張を寄せているだなんて、やっぱり個人的には首相退任→政界引退をルールとしてほしいです。いつまでたっても日本の政治がアップデートされない元凶ではないでしょうか。
この分析、非常におもしろいですね。メディアも政局だけでなく、こういう報道をしてくれるとわかりやすいです。今回4名がたって半数が女性。多様性という意味でとても意義がある状況になりました。共同通信にコメントしました。「「多様性や女性活躍に詳しい相模女子大大学院の白河桃子特任教授の話 女性2人が立候補したことは、多様性の観点から大きな意義がある。1人だと「女性代表」といった扱いになりがちだが、2人以上なら、各人の違いにも目が向けられる。高市早苗前総務相と野田聖子幹事長代行は政治的な立場が大きく異なり、より多様な争点が浮かび上がるだろう。そうなれば、男性候補も自分の意見をはっきり言わざるを得なくなるはずだ。選択的夫婦別姓、同性婚の是非や子育て支援、貧困層への分配の在り方など、さまざまな分野で活発な論戦を期待する。」
今の日本は③になった方が、政府に全てお任せ、おんぶにだっこではなくなり、政治や国内外の動向に関して意識し、注意を払い、意思表明をするようになるのではないでしょうか。

税収を増やして行政サービスを充実させても、税金の不透明さが残る現在の仕組みの中では、税負担だけ増えて公平・平等な社会にはならないと思います。
これはとてもわかりやすい。エネルギー政策やコロナ対策といった個別の具体論点の前提となる思想や価値観の整理なので、大局をとらえている。

いまの自民党が権威主義的だが小さな政府=❹を志向しており、それが今後も続くという結論。安倍元首相の影響が大きいからということだが、アメリカはどうか。

サンダースを代表とする社会民主主義の動きは❷、つまり「自由だけど責任は政府がとってくれる」という思想や価値観に近い。つまり真逆。アメリカを中心とした世界の動向も地味に影響していきそうな気がします。
経済政策面のマトリクスの公表も期待します。