[17日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は17日、各地で試合を行い、エンゼルスの大谷翔平選手はアスレチックス戦で1安打を放つも、ホームランは出なかった。

大谷は「3番・指名打者」で先発出場し、4打数1安打、1三振。この日、今季の本塁打ランキングで単独トップとなる46号ソロを放ったウラジーミル・ゲレロ一塁手(ブルージェイズ)との差は2本に広がった。エンゼルスは4─5で敗れた。

パイレーツの筒香嘉智選手はマーリンズ戦に「2番・右翼」で先発出場。5打数1安打、2三振で、守備では途中で一塁に回った。パイレーツは2─1で競り勝ち。

レッドソックスの沢村拓一投手はオリオールズ戦の7回から登板。1回を1安打、1三振、無失点に抑えた。チームは7─1で快勝した。