新着Pick

暗号資産交換バイナンス、インサイダー取引疑惑も-米当局が調査拡大

Bloomberg
米当局は世界最大の仮想通貨(暗号資産)交換業者であるバイナンス・ホールディングスに関する調査を拡大し、インサイダー取引や市場操作の疑いについても調べている。
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インサイダーや相場操縦といった課題はバイナンスに限らず、業界の黎明期に指摘されていた点です。日本では、2018年に自主規制ガイドラインを出した後、2020年の暗号資産デリバティブ取引への金融商品取引法規制が施行された際の改正業府令で、暗号資産に関する重要情報の取扱いに関し、取扱事業者に対して行為規制を課しております。

米国においても同様にライセンスに基づいた規制がかかっておりますので、数年前に言われていた頃からは、業界全体としてのガバナンスも大きく変わってきたと思います。

このように暗号資産取引は各国の規制が具体化されてきており、統制がとれてきている面があります。いま、一昔前の混沌としたクリプト市場の様相を呈しているのはNFTマーケットですかね。