新着Pick
193Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ゲーム業界は、今後再編が進む可能性がある。それを見込んでの動きかな。どこかをパクッとやるんじゃないかな
人気 Picker
ゲーム事業の成功は、競合がユーザーのニーズも一定満たしている中、簡単ではないでしょう。確かに世界中でゲームの需要は爆発していますが、必ずしも全員がゲームをするわけではありません。熱狂的なユーザーが大量に消費する、その特性がゲームには根強く残っています。だからこそ、任天堂は家族で楽しめるコンテンツ、ユーザーの裾野を広げるコンテンツも重視しています。

ただ、任天堂のようなコンテンツを生み出すのは簡単ではありません。任天堂はハードが伸び悩み業績が落ち込んでも、常に任天堂らしさを失いませんでした。それは常にユーザーがワオと驚くコンテンツ、多くの人が楽しめるコンテンツを拘りに抜いて考え続ける、他に余計なことは考えない(※普通の会社はそうなりがち)、そういう圧倒的な文化が現場、経営陣にあるからです。

ある機関投資家は、
「今は業績は悪いが、この文化は世界中他にない。だからこそ素晴らしいユーザー体験、コンテンツを生み出すことができる。この会社は有意無二だ」

ゲーム産業は長年日本の御家芸の一つでした。ただ、近年GAFAMがITインターネットで圧倒的な力を持ち、ゲーム事業への参入も相次いでいます。
「あぁ、ゲーム産業もGAFAMに奪われてしまうのか」

圧倒的なユーザーリーチ、資本力/開発力は確かに凄まじい。ただ、ユーザーの時間は限定的です。いかに資本を投下しようとも、本当に消費されるコンテンツは一握り。ハリウッド映画の仕組みは有効に機能するかもしれません。ただ、ゲーム事業はより垂直統合かプラットフォームを目指しています。こうなると、コンテンツが重要になってきます。

圧倒的なコンテンツを生み出せるかは、「カルチャー」が重要ではないでしょうか。ネットフリックスは最高の待遇より企業文化、優秀な人材を登用することを重視している「カルチャー」企業ではあります。ただ、映像コンテンツとゲームはユーザー層がやや異なります。熱狂的なユーザーを捕まえるためには、独特の文化が必要だとすると、ネットフリックスと言えども簡単ではないのではないでしょうか。

リード・ヘイスティングスはそんなことわかっているでしょう。GAFAM以上にカルチャーに拘っている企業だからこそ、そこに最適な解を見つけられるか。将来、ソニーや任天堂にとって最も恐ろしい競合になるかもしれません。今後の事業展開に注目です。
なんか記事の言い方が悪いけど、キャッシュカウと同時に新規事業を開発するのは経営戦略の常識。ただしNetflixの場合、オリジナルコンテンツがヒットし続けてきた分、他のことに着手するのが遅れた感がある。
同時に相乗効果にも目を向けると面白い。ドラマの展開と同時に新たなステージが現れるゲームなどは見る上でもプレイする上でも中毒性の高いコンテンツに作り上げられる可能性がある。
なんかタイトルがやらしいですが、エンタメのプラットフォーム化は必然の戦略ですよね。
ゲームは成功したら利益が大きいですが競争も激しいです。
ネットフレックスが参入しても成功するかわかりません。
しかし、そういわれてテレビ業界に殴り込みをかけて成功したので可能性はあります。
楽しみですね。
ゲームが主力でない企業のサブスクリプションは儲かる事業なんだろうか。
サブスク単体で参入する事業者よりも、大きな利益を得ている本業を持つ事業者が目立っている。
ゲーム事業で得る利益よりも、顧客の引き留め、自社事業(サーバー、映像配信など)との相乗効果に期待しての参入に思えます。本業の利用者増加が鈍化している状況であるなら。
YouTubeに直近の売上でNetflixが負けた、という話が象徴的ですが、Netflixの成長鈍化という指摘はあるにはあるんでしょうね。
YouTubeは大半がUGCで、Netflixはプロダクション製作ですが。
なんならAmazon、HBO、Netflix、YouTube、Apple TV+、ディズニープラスとかもはやアテンションエコノミーになってるこの世界で、ずーっと毎週、毎月、魅力あるコンテンツを多言語で提供し続けるというのはなかなか難しい話ではあります。
また、結局、スマホのゲームアプリやゲームコンソール(PSや Switch)もアテンションを奪い合うという意味でサブスクの競合にあたるわけです。
ゲームやそれに類するアプローチでNetflixのドラマの世界観を拡張するのはやるべきことではありますよね。せっかく世界的にヒットしたチェスのドラマQueen's gambitでも関連ゲームや商品が出なかったのはもったいなかったですし。ファンエコノミーをうまく利用してお金を稼ぐことをしてない。敢えてしてないのかは分からないけど。
その辺り、Netflixはまだ上手ではないなあと。ゲームも映画も音楽もやってるソニーがゲームの映画化を考えてる話が出てますが、このNetflixの話がその逆のアプローチと思うと、Netflixにはまだ足りないアセット(ゲーム製作の人材、ノウハウ、リソース)があるよなあとは思いますね。
非常に興味深いニュース。サブスクモデルの代表であるNetflixだが、新規ユーザー加入の飽和、および成長鈍化に繋がる事で、投資家からは厳しい目線が寄せられる。
どのプラットフォームもそうだが、必ずゲーム事業へと参入する。過処分時間×没頭性・中毒性で言えば、ゲーム事業は本丸であり、かつユーザーの個人の趣味趣向データを保有する事ができる。
一方で相当な技術力、資金力に加え、アライアンス力が必要な領域。Netflixは充分兼ねそろえているが、本当に各プラットフォーマーがゲーム事業に参入して上手く成長の兆しを掴むことができるのか。
答えはまだ出ていない為、非常にきになるところ。
ただ、モバイル特化は参入ハードルを下げるため、良いのかもしれない。
このままでは成長できない、新しい軸を見つけなければ…

Netflixだけでなく、そう思っている日本企業も多いと思います。

Netflixと日本企業の違いは何か?「まさか、そんな」「そりゃ無理だろう」…または、本記事のように「目くらましか?」という声があっても、「とにかくやってみる」ことです。

Netflixは、これまで10回近いDXを繰り返し成長してきました。たぶん、その半分近くは「失敗」または「大失敗」でした。

しかし、残りの「成功」または「大成功」により、Netflixの今があります。

「まさか、そんな」「そりゃ無理だろう」または「目くらましか?」と言われるような新規事業を始めた日本企業が、どれだけあるでしょう?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
33.0 兆円

業績