新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
BSテレビ東京の番組、WBSの討論番組に候補者4人が出演して討論をしていた。そこで野田議員が中国TPP申請について「前向きに検討すべき」と述べていた。検討すべきという根拠については示さないままで、専門知識はないように見えた。
いくらなんでも警戒心が低すぎないか…野田さんの立ち位置は極めてわかりやすいですが。
まー、なんか炎上しそうなテーマではあるが。TPP申請はどの国もできる。中国の加盟に反対する国は当然あるだろう。オーストラリアなどは、その筆頭だ。しかし、中国はRCEP加盟国であるし、今は凍結されているが、昨年はEUとの投資協定も結んでいる。これが現実の国際政治。RCEPは良くて、TPPはダメというのは、もちろん求められる開示度などの内容の話で、感情論ではないんだよなー。
2Fの影響?
ルールとして決まっている基準があるのだから、前向きもくそもないも思うけどな。