新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の対策は立派な成果でしょう。こうした検証こそ自国が行い、自国メディアが発信すべきものと思いますがね。WSJの記事。
まあ東京からかなり離れた某都市でも五輪関係者の「地域社会」でのお忍び娯楽会合は目撃されていたよな…それでも拡がっていなくて、むしろ日本側からうつったケースもあるみたいで。【選手は完全なバブルの中にいたわけではなかった。何百人もの日本の五輪スタッフや請負業者、ボランティアが、五輪(16日間)とその後のパラリンピック(12日間)の期間中、会場と地域社会の間を行き来していた。
分科会や専門委の専門家各位は、その信頼を恒久的に損ねる前に、まず自らの誤りと限界を真摯に認め謝罪すべきでしょう。

開会式をみても、世帯平均視聴率は、56.4%. これほど強力なステイホーム効果はなかったでしょう。

東京五輪・パラ開催による「気の緩み」も、確たる証拠はなく、精神論のこじつけにしか見えません。