新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
認知症と生活習慣病の関係性について解説をしました。生活習慣病を予防したり治療すれば、認知症リスクは低減できるのでしょうか。

また、「相関関係」と「因果関係」の違いについても改めて確認です。いまいち違いが分からないな?という方は是非ご確認ください。
「部分最適」ではなく、「全体最適」しなければ意味はない。
健康は特にそうですね。
組織が縦割りになる「大企業病」のような状態を、自らの体に強いることのないように気をつけたいものです。

「コレステロールのお話のように、「修正可能な認知症リスク」として、高血圧、糖尿病、肥満、喫煙、飲酒などが知られています。
ただ、「修正可能なリスク」ではありますが、これらはいずれもコレステロールと同様、修正したからといって認知症のリスクを低減できるかまではまだはっきりと分かっていません」