新着Pick
851Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
好きなことをしながらお金を稼ぐことができたら、もっと多くの人がハッピーに生きられるかもーーそんな淡い期待のもと始めた「クリエイターエコノミー」ですが、その難しさを痛感する1ヶ月でした。

反応がなく心が折れそうになったこともしばしば、、コンスタントに配信を行い習慣化につなげる大切さや、本人が楽しんでいるかどうかが画面越しでも伝わってしまうリアルさなど、とても勉強になる経験でした。

コミュニティの形成や、人がお金を払いたくなるメカニズムなど、今後ぜひ研究していきたいと思っています。

見てくださった皆様、特集にご協力くださった方々、本当にありがとうございました!
ハンドルネーム「yuzukosho7」と「あかりあきらめない」にもってかれました笑 あとフォロワーを社内ブースト。お金を稼ぐ瞬間までは継続は力なりですね。仕事の様子や街の様子を配信するとかは、配信者の素が見えやすいからでしょうか、課金やフォロワーが増えるポイントになってましたね。

次回は世代を上げて、X世代やベビーブーマーをお願いします。

それにしても、岡さん、インスタエコノミーの時から編集部の「やってみた系飛び道具」というポジション確立。
「やってみた」シリーズ、鉄板!

誰でも稼げるようになったことのハードル低下と、実際に職業として稼ぐことのものすごい大変さ。そしてその人らしさということでは、稼ぐことが先に来るより、楽しいからやることが苦にならずに、そして楽しさがコミュニケーション通じて広がっていくからもっと楽しくなっていくということが根底にあるのではないかと感じた。
そして、成長市場。成長市場だけど、適応するまでに時間がかかるし、適応自体も大変。こういった新しいサービスから生まれるスターは、その適応性や時間のかけられ方といった観点で、若い人がどんどん出てくるのが必然とも感じた。

実際にやってPDCA回すことやこれだけの時間をかけること、本当にすごいし、お二人ともお疲れさまでした!
糸井さんの下記の実際にやってみた、も是非合わせて(ここでも森川さんがスパルタw)

【驚愕】大学生が、2日でブランドを作ってみた
https://newspicks.com/news/6149468
やってみた企画おもしろかったです!これができるNewspicksは強いですね。YoutuberもInstagrammerもコツコツ配信すること、コミュニティマネージメントすることも大事ですが、何より自分が好きなことに熱中していることが大事なんだなとあらためて感じました。あと英語できるのは大きいですねw 次回企画も期待してます!
「クリエコ」には本当に可能性を感じます。
編集部の岡ゆづは記者とインターンの糸井あかりさん、2人ともゲーム初心者ですが、それぞれのキャラクターがよく出てます。
3000分以上にのぼる2人の配信素材を18分にまとめました。
週末にどうぞお楽しみください。
しかし、クリエイターエコノミーは甘くない。
キモくてすみません…。
面白い!!

自分だったら何をするだろう、というのを考えさせられました。

途中でアドバイスをしてくれたゲーム配信者も言っていましたが、ゲームのスキルは人気とそこまで相関がなく、リアクションだったり喋っている姿が面白いかどうかの方が大事なのは間違いないだろうな、と。
7,8時間/日でコンスタントに発信するなら、面白い情報を提供し続けるのはほぼ無理なはずで、どちらかというと素で親しみが持てるかどうかみたいなところで戦わないといけなさそう。

めちゃくちゃ難しそう。。。!
やってみたはいつも面白い!
今回も一ヶ月ガチでやっていて、すごくリアルな雰囲気が伝わります。お二人お疲れさまでした
まずはやってみて、行き詰まる頃に達人にインタビューって流れも秀逸
「素を出す」「本人が面白がる」ってのは見る方としてはそうだよね、と思う一方で自分がやるとなると難しいんだろうな、と感じました
日々7-8時間って、本気で稼ごうとすると、生活を全てそちらに振らないとだめだし、だからこそ本当に好きでないと出来ないんでしょうね
面白かったです.授業やプレゼンにも通じるところがあるのかなと思い,少し胃の痛い思いで見ていました.

あと,こういうの私の大学生にも見てほしい&できれば糸井さんみたいな体験させてあげられないかなと思いました.
初期の稼ぐYoutuberってゲーム実況でしたよね。現代のコミュニケーションにはゲームって大事な媒体。まずは、やってみようと思います。
この連載について
今年、最も熱いトレンドの「クリエイターエコノミー」。動画やテキスト、音声のクリエイターたちが「稼ぐ」ための波が一気に到来する中、その最前線の動きをNPが総力レポートする。