新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
読書感想文ですか?

『政治家としては多い著作のなかから国際政治評論家としてテレビで活躍していた頃に書かれた『30歳のバースディ―その朝、おんなの何かが変わる』(大和出版)、政治家2年目に記された『高市早苗のぶっとび永田町日記』(サンドケー出版局)を読んだ。』
いや。意外にも(と言ってはすごく失礼なんですが)たいへん面白い記事でした。

政界といえば典型的な男社会であることに異論を唱えるひとはあまりいないでしょう。その中で頭角を現していく過程で筆者の言うように(というか残念がるように
高市さんは(ほんとうに)変容していったのか。あるいはフェミニスト的言動と保守思想とは別物だとお考えなのか。

フェミニストが必ずリベラルでなければならない。そもそもそんな筆者の前提(思い込み)がおかしいとわたしは思うのです。高市さんについては後者の「フェミニスト的言動と保守思想とは別物」というのが当を得た見方ではないかと思います。フェミニストが保守思想家であることのどこが問題なのか。保守政治家はフェミニストである資格がないのか。旧世代の左巻きマイマイ思想に染まったフェミニストが避けてきた命題です。この記事はそんな根本的な疑問を提起しているように思います。

筆者のほうがむしろ旧世代発想のフェミニスト。そもそもフェミニストが左巻きマイマイ思想(特有の選民思想)に容易に埋没して回収されてしまったことがフェミニズムをすっかり停滞させてしまった。内田樹さんはこのことを批判して「フェミニズムを150年前に逆戻りさせた」とまで言っています。上野千鶴子さんの言動をみればよくわかるでしょう(特にここ20年の「おひとりさま老後」の提唱以降はフェミニズムによるフェミニズムの排除傾向がひどいとわたしは思いますよ)。果たしてフェミニズムと保守思想とは筆者の考えるような対立概念なのでしょうか。

あまりよく知らないしあまり興味のない政治家でしたがちょっと気が変わりました。総裁選の行方はどうなるのかわかりませんし苦戦が予想されそうですが高市さんという政治家に俄然興味が湧いてきました。