新着Pick

中国がTPP参加を正式に申請…米に対抗、アジアの通商分野で主導権握る狙いか : 経済 : ニュース

読売新聞
【北京=小川直樹】中国商務省は16日、日豪など11か国による環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を正式に申請したと発表した。多国間の貿易協定を通じて米国による中国経済の切り離し(デカップリング)に対抗し、アジアの通商
9Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
英国はEUから離脱したあとインド太平洋地域にさらに深く関与するためTPP参加を申請した。その動機は明確だ。しかし、中国の場合、参加資格の厳しい審査を受けるわけで「まな板の上の鯉」になることが明白なのに、なぜ参加申請したのかが不明。知的財産権の保護、国有企業に対する保護などに関して、厳しい審査にパスする自信があるのか。あるいは厳格な審査の過程でTPP参加国の審査が不公平だとして批判を続ける心理戦を展開するほうに関心があるのか。米国が中国の慣習を批判することに対する中国の反論をそのまま援用するという宣伝戦のひとつと考えているのか。参加資格審査のやりとりのなかで情報、ノウハウを取得することが目的なのか。皆目わからない。わからないので中国以外の国から中国の味方につく国があらわれないのかもしれない。