新着Pick
132Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
その前に、デジタル庁を遠方に移転すべきでしょう。

都心の一等地にデジタル庁のオフィスを構えたまま「デジタル遷都」というのは飛躍がありすぎます。
人気 Picker
地震、原発、豪雨、富士山、いろんなリスクが東京を取り囲んでいる。

一極集中は、もはや最大のリスクである。この際、「デジタル遷都」だけではなく、いろんな省庁をセントすることも考えるべき時代ではないか。とは思うのだが、徳島県に消費者庁を移そうという動きがあるけれど、それもなかなか進んでいない。

省庁に勤める人間にとっては、正直「徳島で暮らすなんて」という抵抗勢力も少なからずあるのだろう。気持ちは分からないでもないが、それこそ大きな視点で「力ずく」でもいいから「省庁の地方分散」を進めてほしいと思う。

コロナの数少ない「おかげ」で、リモートワークがここまで進めることができたのだから、本体機能を地方都市に置くことは、決して不可能ではないはずだ。「地方再生」「リスク分散」のためにも、河野さん、どう?
空間と時間の制約からの解放、身体の制約からの解放、脳の制約からの解放、デジタル庁のロードマップのひとつですが、これが叶うと地方にいても均等に能力を発揮して、マテリアリズムに溢れている都市部の生活から解放され、地球にも優しいですし、本来のテクノロジーは地方のインフラ等に活かされるべきではないでしょうか。

実行力、そして流暢な英語を最大限に活かして、日本のリーダーとして、今後混沌とするであろうアジアを引っ張っていって欲しいです。
デジタル庁でこれを実現してもらいたい。東京人口集中も大きな課題の一つで、リスクを考えても、人口の分散、行政組織の分散などをしっかりと検討される方が良いと思います。
ーー
行政機能をデジタル空間に移し、地方にいながらテレワークを通じて勤務を可能にする「デジタル遷都」構想を目指す考えを示した。
同様に、グローバルスタンダードなインフレ目標2%達成にも意欲を示していただきたいものです。
コロナが引き起こした地方活性化への流れを生かしていく。東京で消耗するよりも自分の好きな場所から仕事をするスタイルは多くの人から支持されている一方で、そのネガティブな側面(燃え尽き、鬱など)はもっと理解を進めていく必要がある。
良いですね、これについては悪いことがない。反対するのは紙文化や、対面文化に慣れた旧石器時代の生き残り達。良いリトマス試験紙になります。
どなたが首相になっても やっていただきたい。