新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本において環境問題への関心が「思想のマイノリティ」という指摘は、一部の人しか問題意識を持っていないというよりは、多くの人が持っているけど深められていない、頭の中のシェアがマイノリティだということではないでしょうか?その背景には、何をしてよいかわからないという点があると思います。朝のNHKで国立公園の維持管理の問題が取り上げられていましたが、行動をしていかないと何も変わらないし、逆に行動をしていく中で問題意識を持つ人々の参加を促すこともできるー地道かもしれませんがーと感じました。
「各地の取り組みはまだ小さな点ですが、点が増えることで大きな面となる。オセロのように、どこかで色が一気に反転することがあり得る。地道な活動が、きっと大きな動きにつながると信じています」

言うは易く行うは難し。これを本当に実行しているのが、坂野さんのすごいところだなと思います。
ゼロ・ウェイストは江戸時代に学べ、というのを先日NHKの歴史探偵で知りました。江戸時代の仕組みは実にうまくできている。しかも8代将軍吉宗の時代には、世界屈指の経済大国だった。

江戸時代だけでなく、ものを大切にすることや、生産物への労力を称える日本文化の源流を探るのはとても意味があることだと思います。日本人のDNAにはそれが根付いている。
思想のマイノリティ。
とっても腹落ちする表現ですよね。素晴らしい活動に規模の大小はない、というタイトルも合点が行きます。

個人レベルで何をやっていいかわからない。ESGを自社の経営陣にも理解、実践させたい。そんな声をよく聞きます。

以前、GPIF元CIO、現国連事務総長特使の水野さんがおっしゃっていました。そんな大それたことを考える前に個人個人ができる些細なことから始めるのがいいんです、と。

たとえば、プラスチックの使用を減らすためにペットボトルのミネラルウォーターを買わずにマイボトルを常に携行するとか、そんなことから実践すべきだと。水野さんのような方だけに非常に印象に残った言葉でした。

環境問題やそのソリューションってスケールが壮大なだけに、自分1人くらい何の力もないとなりがちですが、逆にひとりひとりの地道な取り組みこそが生命線なんだろうと思います。
ティッピング・ポイントを超えると流れが変わりますよね、まるでオセロのように。

(以下、記事中から引用)
各地の取り組みはまだ小さな点ですが、点が増えることで大きな面となる。オセロのように、どこかで色が一気に反転することがあり得る。
地道な活動が、きっと大きな動きにつながると信じています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。