新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本は原油も天然ガスも鉄鉱石も肥料も飼料も輸入に頼っています。自給率が100%に近いとされるコメだって、石油と肥料が手に入らなければ日本で作ることが出来ません。売れば直ぐカネになる天然資源に乏しい日本は、輸入と輸出のバランスを取りながら貿易を増やし、その間で生まれる付加価値で成長せざるを得ない宿命を負っています。そうした状況下、輸入が大きく増えた半面輸出が伸びず、貿易赤字が膨らむのは少し気になる動きです。しかも、数量ベースで23%増の鉱物性燃料(原油、天然ガス等)の輸入が金額ベースで115.6%増え、鉄鉱石も数量ベースで37%増なのに金額ベースで178%増えるなど、価格の上昇が気になります。
日銀によれば、8月は輸入物価が前年同月比29.2%上昇したのに対し、輸出物価は11%しか上がらず、交易条件が大きく悪化しています。こうしたことが続くと資源を輸入に頼る日本の成長力が削がれ、国民の生活がますます貧しくなることもあり得ます。コロナ禍の混乱の中、単月の赤字で一喜一憂する必要はないですが、目が離せない変化が起きている可能性はありそうです。暫くは、動きをしっかり見なくっちゃ (・・;ウーン
季節調整済み前月比でも輸出が+0.8%の増加に対して輸入は+4.6%の増加で貿易赤字幅も40倍以上に拡大しています。
内需拡大に伴う良い貿易赤字ではなく、穀物、エネルギー、ワクチンいずれも海外頼みに伴うものですから、日本は悪い貿易赤字といえるでしょう。