新着Pick
420Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
安全性が証明されたことの表れですね。宇宙ホテル的な事業もこれから盛り上がりを見せてくるはず。我々も頑張らないと
人気 Picker
ミーティングだったので生では見れませんでしたが、素晴らしい打ち上げでした!

先日のコメントに訂正があります。初の義足の宇宙飛行士が飛ぶと言いましたが、正確には人工関節のようです。いずれにしてもその意義の大きさは変わりません。宇宙にいけば身体的障がいのハンデキャップははるかに小さくなる。宇宙へ行くハードルが下がった今、障がい者こそ宇宙に大きな活躍の場を見出せる存在かもしれません。このフライトを実現したジャレッド・アイザックマン、そして自身も行こうと思えば行けるのにこの4人に先を譲ったイーロン・マスクにも拍手喝采です。
ついに飛びましたね!ほぼ時間通りに打ち上がり、第一段ブースターも再着陸し、宇宙船も無事デプロイし、完璧な打ち上げだったのではないでしょうか。

このInspiration4ミッションは、さまざまな理由から宇宙開発の新たな幕開けと呼ばれていますが、いくつか特筆すべき点は:

・完全民間主導の有人宇宙飛行。民間企業のSpaceXが、民間人を乗せ宇宙にいく。政府の関与がない、初の試みです。

・高度540kmまで到達。国際宇宙ステーション(ISS)は約400kmです。このミッションはSpaceXの次の大きなゴールである火星に人類を送り込むまでの大事な一歩。ISSより上を目指すことが重要でした。

・4人のうち2人は、歴史的に宇宙へ行く機会を与えられなかった人たちを代表する。サイアンは、黒人女性として初の宇宙船パイロットとなり、ヘイリーは骨肉腫サバイバーで足に金属ロッドを埋め込んでいます。

この最後の点について、新しく始めたニュースレターで書いています。手前味噌で恐縮ですが、ぜひお読み頂ければ嬉しいです。
https://www.getrevue.co/profile/leonov/issues/1-755448
SpaceXがまた偉業を達成!競合のヴァージンギャラクティックとブルーオリジンのサブオービタルではなく、本物の宇宙旅行。しかも3日間も。2021年は宇宙旅行元年と呼ばれる年になったな〜 いや〜、ロマンに溢れるな〜
2021年は宇宙旅行が身近になった年として歴史に刻まれる事となった。ヴァージン・ブルーオリジンの両創業者の弾道飛行に加えて、トリが圧倒的な実績を誇るスペースXによる今回の全て民間人の軌道投入。宇宙飛行士が主役だった所から、万人が宇宙に行ける時代に
数日前からInspiration4とSpaceXからソーシャルメディアなどで発信される情報を時折見ていましたが、まるでSF映画のワンシーンのようで、現実がフィクションを追い抜こうとしているような感覚になりました。SpaceXがリードする宇宙事業を見ていると資本主義と民間企業の力が人間の可能性を拡張していく新しい宇宙開発の時代が到来しているのを実感します。
素晴らしい。多くの失敗の末にここまでの安全性を確立したのが涙ぐましいですね。完全なる完璧を求めて議論を続けるのではなく、失敗も含めて成功への道筋だとしてリスクを抱えても実験を繰り返す姿勢は、宇宙に限らず何事においても必要な考え方だと思います。ここまで成功しても、同時に次の野望である巨大宇宙船「スターシップ」の挑戦も実験を繰り返しているスペースX。
素晴らしい打ち上げでした。
これまでの民間人宇宙旅行とは違い、3日間という長い期間になります。本当に宇宙旅行というのが始まったなという感覚です。
https://www.spacex.com/launches/
打ち上げ40分前から妻と拝見してました。

司令センターからはカウントダウン前から歓喜、打ち上げ後も歓喜。メインエンジンの切り離しも成功し、セカンドステージも難なくクリア。三日間の観光、宇宙飛行士の同乗はなし、全て地球からの遠隔操作。

富豪の空間と時間の過ごし方が、全人類の一部だけ享受されていて、環境にはどうなんだろう?実体経済とは違う世界ではありますが、人類が移動したいという本能はテクノロジーと共に進化していて、この本能はやはり止められないんですね。
凄い❗️本当の宇宙旅行ですね。
子供の頃、ワクワクしてみたSFの世界が現実に。