新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロシアや中国は北朝鮮を非難したくないでしょう。特に中国は、欧米諸国が主導して作ってきた国際秩序そのものに真っ向から対抗する姿勢を示していますから、国連安保理決議違反だと主張する欧米にさらに強く対抗してくるかもしれません。
北朝鮮が発射したのが短距離弾道ミサイルですから、牽制の対象は韓国でしょう。韓国は潜水艦発射型弾道ミサイルの水中発射に成功したと報じられていますが、普通に考えれば、そのターゲットは北朝鮮のはずです。北朝鮮が韓国の軍備増強に対抗姿勢を示すのは当然のこととも言えます。その手段が、国連安保理決議で禁じられている弾道ミサイルの発射であることが問題なのです。
しかし、北朝鮮は韓国のように多額の国防予算を使えません。韓国は、GDP比2.5%にも上る急速な軍備増強を進めています。ただでさえ、隣国がこのような軍備増強を進めれば懸念を示すのが普通ですが、北朝鮮は未だ韓国とは戦争の最中です。北朝鮮には、韓国をけん制する軍事的手段も限られているのだと言えます。
中国とロシアは「短距離弾道ミサイルくらいで騒がない」と発言し、米国は「国連決議違反だ」と発言することだろう。