新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
13億円程度では、国家運営の足しにはなりません。
 この13億円は、アムルッラー・サーリヒ前第1副大統領(本人は、現在は大統領代行であると主張)のパンジシール渓谷にある家で見つかったものです。
 アムルッラー氏は、ターリバーンへの抵抗を続けるほぼ唯一の勢力、パンジシール渓谷のタジク人勢力の中心的人物ですが、現在はタジキスタンに逃亡しています。逃亡する時に、6億5千万ドルを持ち出しましたが、あまりに慌ただしかったので、13億円は、持っていけずに残されていた分です。
 アシュラフ・ガニ―前大統領がUAEに逃亡する時に持ち出した1億7千ドルを含め、前政権幹部が自宅に蓄えていた現金(みんなドルで持っていました。自国の通貨など彼ら自身信用していませんでした。)だけでも抑えることができれば、ターリバーン政権は、数か月は息がつけたでしょう。前政権幹部たちが諸外国の銀行口座に持っているのは、数十億ドルはあるはずですが、それを取り返すのは、ターリバーンには難しいでしょう。
タリバンもタリバンだけど、前政権も個人が米ドルを蓄えていた訳で…
どっちもどっちとも言えます。

汚職レベルは前政権の方が酷い訳ですが
→タリバンを支持する人のポイントはこれもあります

タリバンは政治を知らないですからね…
明治政府もこんなのだったのかな。
あれ?ここにはチャイナマネーは流れてこないの?もっと苦しくなってから「…お金出そうか?(ボソッ)」って囁くのかな笑。