新着Pick
687Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「良い生き方」とは、幸せに感じることであり、幸せに感じる瞬間の一つに「快楽」も「心理的幸福」もあるはず。さらに、特にコロナ禍で感じるのは、レジリエンス(復活力)」の大切さです。

レジリエンスとは、立ち直るスキル、要はサバイバル能力ですよね。同じ変化が起きても、見方を変え気持ちを切り替えて柔軟に対応できる場合と、自責しすぎや他責しすぎ、または古い習慣の考え方に固執して、なかなか暗いトンネルから抜け出せない場合と二極化します。まさに、前者はレジリエンス力が強い場合。例えば、上司がたまたま相性が悪いタイプだった場合、上司だからと我慢し続けて、自分が苦しいまま状況を変えないのか、上司との関係性を良くするために自らプロアクティブに働きかけて工夫するのか? まさしく後者がレジリエンスの強さであり、どうサバイバルするか工夫して復活することで、良い生き方に通ずると思います。

同じ出来事が起きても、見方を変える事で考え方や行動も変えられる。そしてレジリエンスを鍛えることで、「良い生き方」を邁進できますね。
日本の幸せランキングは世界40位。チリ(38位)、ポーランド(39位)とブラジル(41位)の間。10年前にアメリカから帰ってきてすごく思ったのは日本って住みやすい、なんていい国だ、ということ。だからなれてしまって、幸せに対して鈍感になっているかもと思います。
抜粋)

<人生を見つめ直す「7つの質問」>

1)あなたにとって、良い人生だと感じさせてくれる要素はなにか。

2)良い人生と聞いたとき、どんな言葉が頭に浮かぶか。

3)快楽(楽しみ、快適、安定)、幸福(目的意識)、そして心理的な豊かさ(自分の視点が変わるような多様な経験)のうち、あなたにとって最も重要なのはどれか。最も重要でないのはどれか。

4)あなたにとって、安定はどのくらい重要か。

5)あなたは、変化を歓迎するタイプか(もちろん、愛する人の死など悪い変化を除く)。

6)研究によると、外向的なほうが幸せになりやすいとされるが、あなたはどのくらい外向的か。

7)コロナ禍は、あなたが良い人生を構築するのにどんな影響を与えたか。
今週は、英語版Quartzの有料ニュースレター「How to」から、人生における「good」を見つめるインサイトをお届けします。巻末の⑤もっと英語で学ぶでは、今回紹介した内容をさらに深堀りしています。

Quartzの日本語版「Quartz Japan」では現在、平日朝夕と日曜日にニュースレターという形でコンテンツをお届けしています。Quartz英語版の記事もすべて読み放題です。ぜひ、7日間のフリートライアルでお試しください!

登録はこちらから👉https://qz.com/japan/subscribe/
「あなたにとって、良い人生だと感じさせてくれる要素はなにか」「良い人生と聞いたとき、どんな言葉が頭に浮かぶか」「あなたにとって、安定はどのくらい重要か」、休日に考えるのにいい問いかけですね!
記事内の過去から学ぶは参考になりますね。
幸福とは何か、良い生き方とは何か、永遠のテーマですが、記事の中だと私の場合は自分の価値観が変わるような新たな経験かも知れないです。
自然によって生かされていると感じるときが一番幸せです。