新着Pick
74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
飯塚被告やその家族、親族らに対して、多くのバッシングがあったのではないかと想像しています。

自称「正義の味方」たちが加害者家族等に信じられないような嫌がらせをすることが多々ありますから。

粛々と実刑に服することで、家族らに対するバッシングが止まることを祈っています。
TBSテレビ/JNNの取材によると、飯塚被告はけさ、犯罪加害者家族の支援を行っているNPOの理事長と面会しました。

「遺族に対して本当に申し訳ない」
「裁判所の決定に従い、収監を受け入れ、罪を償いたい」

こう話したということです。

飯塚被告は、高齢で自力での歩行も困難なため、
実際に刑務所に収監されるかが今後の焦点となります。
「「遺族に対して本当に申し訳ない」「裁判所の決定に従い、収監を受け入れ、罪を償いたい」と話した」。遅すぎるとはいえ漸く反省の姿勢が見えた。あとは本人の意志通り、そして余計な疑念を招かないように速やかに刑を執行してもらいたい
>飯塚被告は、高齢で自力での歩行も困難なため、実際に刑務所に収監されるかが今後の焦点となります。

現実的に収監されるのは無理なのは分かりますが、収監されなかった場合どうやって罪を償う形になるんでしょうか。昔は考えられなかった、このような高齢で重罪を犯した場合の扱いも、超高齢化社会に直面して、改めて考える必要が出てきたのかもしれません。
【社会】裁判においては一貫して無罪を主張し、それゆえに裁判の場において遺族に対して謝罪も行わなかったわけだから、控訴せず刑の確定を受け入れるならば今こそ公式に謝罪を行うということをしてほしい。

禁錮刑の確定にあたって、飯塚被告がその身体の状態をもって収監されないということになると、再び「上級国民」という言説が展開されるのだろうけれども、法務省は過去の高齢確定囚の収監事例を参考に適切に対応してほしい。
飯塚被告本人だけでなく、その家族も正常な社会生活を送れていないはずです。それくらい、被告への社会の目は厳しいです。
これで控訴をしたら、被告より若い被告の家族は、日本で生活出来ないのでは?

こういう圧力が良いとは思えませんが、実情はこんな感じかと。
この人の態度で最も理解できないのが、これまでも当の被害者に対して直接の謝罪がないことです。
過失だとしても、自分が起こしてしまった罪に対して直接謝罪があるべきでしょ。逃げてるし向き合ってない。
収監前にそこだけはしっかりして欲しい。
晩節を穢してしまいました。
最初から被害者にお詫びし、遺族にも過失を認めていたら
違う経緯でしたでしょうに。
東京・池袋で乗用車が暴走し親子2人が死亡し9人が負傷した事故で、禁錮5年の実刑判決を受けた飯塚幸三被告が「控訴しない意向」とTBSが報じています
良かった。少なくとも長引く裁判で苦しむことはなくなる。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン