新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フリート領域(商用バン、政府公用車、トランジットバン、スクールバスなど)から米国のEV化が進む公算だ。その次に有望なのがこのピックアップと大型SUVと見る。将来的なGHG規制を考慮すれば、持続可能性が最も低いと考えられたセグメントが、EV化と補助金政策で収益性を伴う持続可能な有望ビジネスへ構造転換を実現できる。GM、Fordがそれに続くことは極めて合理的なことだ。
パタゴとのコラボがブランディング上も素晴らしいRivian。日本に適したサイズのモデルが出たら個人的に買いたいブランドです。

昨年9月にApple TV+でリリースされたユアン・マクレガーとチャーリー・ボウマンの大陸横断紀行シリーズ第三作 “Long Way Up”を見た人も多いと思います。ハーレーの電動バイクLiveWireのサポート役を務め、アウトドア派にはたまらないクルマ。
日本勢はBEV対応遅れてる、特にトヨタはBEV対応が遅れてると話題のEVシフトですが、日本勢で一番遅れてるセグメントはピックアップ、小トラレンジのBEV化です。

タイも都心のラストマイル配送のBEV推奨のトレンドがありますが、さすが日系メイクの牙城、当地はそんなBEV存在しません。

が、Giant Killing、Game changeを狙う新興プレイヤーも現れつつあります。ASEANのリビアン探しの旅に出たいと思います。
リビアンかっこいいですね!
色んなBEVが登場してワクワクします。

欧米では、最大充電出力が〜350kWの高速充電を目指すとか。
仮に350kWの出力ならば、15分で300km走行分以上を充電できると考えられます。ガソリン車程では無いですが、なんとか実用に耐えるレベルです。

日本は最大で50kWがほとんど。日本車はPHVかハイブリッドが折り合うところでしょう。一方、日本でもポルシェのBEVとテスラは自社でそれぞれ150kW、250kWの充電器を一気に敷設して増やしていますね。日本の政策がガソリン車寄りでも、この2社は充電問題は他メーカーほどには影響を受けないでしょう。
Rivianの初期品質(設計も製造も含めて)が、どれほどなのか注目ですね。

電動であったとしても、クルマづくりは大変です。どの程度の品質レベルかで、Rivianの実力もわかります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
漸く出荷
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
187 兆円

業績

時価総額
101 兆円

業績