新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どうだろう?

そもそも買収価格が高いハードルがある。買収するには、それを上回る戦略合理性や、ファンドであれば事業成長の絵姿が、当たり前に必要。

セブンは、セブン銀行を持っているが、あれはビジネスモデルは銀行ではなく、手数料ビジネス。預金・融資を持ちたいわけではないだろう。
ソニーも、ソニー銀行を持っていて、資金運用先が法人向けに広がるのはあるかもしれないが(確か個人ローンが中心だった)、あえて買ってくるだろうか?
頭の体操の領域を出ていないでしょう。
公的資金のおまけつきなので、事業会社は躊躇するでしょうし。
ファンドだのみですね。
>SBI以上の好条件を出すのは難しく先行きは不透明だ。

SBIがこのままの条件でTOBをするとしたら、SBIの株主が不安になると思いますが…。

公的資金という大きな負債を抱えたまま買収するほどの価値があるのでしょうか?
15年くらい前だと思いますが、新生銀行のキャッシュカードを使ってセブン銀行のATMから現金を引き出すのが最強だった時代がありました。ただ、今はネット銀行があるので微妙ですよね。

しかし、店舗網を持たないセブン銀行が敢えて銀行を買収するのは面白い展開。その場合、わざわざ面倒な新生銀行ではなく、安っすい地銀を買えば事足りますが。
最後まで悪あがきするのも、マスコミのネタ的にはおもしろい。ただシマウマ(新生銀行)がライオン(SBI)に食われる構図に変化はないので、早めにTOBに応じてSBIの中核銀行になる戦略を握ったほうが賢いと思う。
私は、SBIに一般銀行の経営に関与させることに反対です。グループ企業SBISLで、投資先の使途不明を知りながら上場をしたいが故に業績優先で貸し込んで傷を深くし金融庁からの指導のもと廃業に追い込まれた経営姿勢は、昭和の証券会社そのものです。東京地検による問題の真相究明が進行している現段階で、SBIに新生銀行の株買い増しを認めた金融庁の姿勢に疑問を感じます。方法論はともかく、現段階でのSBIのTOBは回避されるべきと考えます。
その昔、日本ではこれほど派手なM&Aの攻防はないだろうと思って、ウォール街の投資銀行に転職した一人としては、これが日本で、日本企業同士で起きていることにある種の感慨を覚えます。タイムマシンで1980年代後半に戻って、2021年にこんなディールが生まれると言っても、当時の私は、絶対信じないと思う。
セブン、ソニーや企業再生ファンドなどがホワイトナイトとして候補に上がっているようです。
SBI以外の買い手が欲しい
新生銀行の現経営陣からのリーク?
ホワイトナイトが見つからないので、勝手に希望を言っている?
世が世なら長銀を手中に収めたい野心家はいたかもしれませんが、今となってはねえ。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.60 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン