新着Pick
498Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子どもがいる方ならば、一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか。そう、パンダのキャラクターが印象的な子ども向けアプリの「ベビーバス」です。

このアプリメーカー、実は意外な大物です。なんと、スマートフォン・アプリのダウンロード数では世界10位、なんと世界4億世帯で使われているのだとか。

早期教育アプリの世界を制覇する知られざるアプリ企業「ベビーバス」、その創業は意外な偶然から始まりました。

中国のスタートアップ・データベース「ITオレンジ」の創業者である、ジャーナリストの文飛翔さんにうかがいました。
中国の未成年に対するオンラインゲームの規制はゲーム企業の収益にほとんど影響を及ぼさないという。課金の殆どは成年だからだ。ただ、10年後どうなるかは全く別の話。その逆がこのベビーバス。問題は子供のころになじみがあるかということと大人になってからお金を使うかというのは別なこと。同じようなことは進研ゼミでもいえるのでは?
子供が小学1年生ですが、ベビーバス今まで知りませんでした。
App Storeで見たら大量にアプリがあり、色んなことを楽しく学べそうなので、未就学の時にやらせたかったです。
教育分野でも中国企業の取組を勉強してみようと思いました。
アプリ検索すると沢山出てくるベビーバスのアプリ群。何なんだろーなーと思いながら、自分には関係ないためスルーしていました。

実はすごい企業でした。起業のきっかけ含めとてもおもしろいです。ぜひご覧ください。
ベビーバス来ましたね!子どもが2歳くらいになるまで、結構見させていて、注目していました。「10個のドーナツ」でなぜか赤ちゃんが泣き止むというのにすごく助けられましたが、2歳超えてからうちの子はBabyBusに興味なくなってきています。

中国企業だとは知っていましたが、最近は伸び悩んでいる印象でしたが、記事でもそういう指摘ありますね。ちなみに、日本でもBabyBus本が発売されたりしています。

今は、アンパンマンやピカチューもYouTubeに進出して、BabyBusが押されている印象です。
子どもが小さい頃に見ていたこともあるベビーバス。
様子がうかがい知れて嬉しいです。
コンテンツ自体はいかにも「グローバルコンテンツ」。
このローコンテクストな感じがはまらない子どもも多い(我が家も)のですが、グローバルに広がりやすいコンテンツとはこういうものでしょう。
自分の子供の教育のためにつくったアプリがきっかけ。創業時の意図が明確で、情熱をもってチャレンジしたことが成功要因ですね。
YouTubeで当たり前に観ていたベイビーバス。まさか教育アプリだったとは。
入りがYouTubeで、当たり前に日常に溶け込む様になっていると、そのあと教育としてアプリを使うことも親としては自然な流れになるかもしれない。何より、子供が馴染みを持っている状態は何よりもサービスとして強い。

マネタイズが広告、という点からIPや他収益モデルで成り立たせる事がいかに難しいかもわかる。
シリアル・アントレプレナー達から聞いた言葉「成功の秘訣は運とタイミングさ」…を思い出しました。

「運とタイミングも実力のうち」ということですね。

(以下、記事中から引用)
早期教育アプリは注目を集めないニッチなジャンルでした。もし、高がiPadを買ってなかったら、妻の代わりにアプリをインストールしてなかったら、融資は実現していなかったかもしれません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Baby bus 、完全にアメリカ企業だと思ってました。コンテンツの質は言うことなし。愚直なスケールがどこまで伸びるか楽しみです。
この連載について
中国などの世界最新ビジネストレンドを紹介する週間連載。独創性にこだわりすぎず、競合の長所はすぐ学ぶ。「Think Different(異端であれ)」より「Think Different, Later(やってから考える)」な事例を取り上げる。