新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米世論調査機関ハリス・ポールと米アルファベット傘下のグーグルが今年8月12日に公表した調査では、米国、フランス、ドイツ、英国、日本等の金融サービス企業の幹部1300人に聞いたところ、83%が「コンピューター関連の主要なインフラの一部にクラウドを採用している」と回答したとのこと。

今回のような基準設定と審査は社会の要請としては避けられないが、それでもなおリスクは除ききれないので、複数のクラウドで冗長構成ということも視野に入れていく必要が有る

https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/business/2021/08/post-96896.php?page=1
関連する報道は8月にもありました。クラウド化が急速に進む金融業界にとって国内外を問わず重要なポイントです。
個々の金融機関ごとにクラウドをどのように活用してサービス向上・効率化を図るかということと並行して、複数の金融機関にまたがって共通に使われるICTの基盤システムとしてのクラウドを再チェックすることが必要になると思います。電力や通信と同じように、クラウドの社会的責務も重要インフラと同様になってきていると認識すべきかもしれません。
クラウドサービスでも銀行業務への影響度合いによって基準は変わるのでしょうか?

この辺りの動きは国際的な基準に繋がる可能性が高いので、日本の銀行も対策をしていく必要があると思います。

またリスクの評価が必要になるので自行でも人材とノウハウの蓄積も重視されるでしょう。
日本の金融系ITインフラの設計構築を何度も経験していますが、金融系システムをクラウドに移管するメリットがあまり思いつかないんですよね。

主に勘定系と業務系にシステムは大別出来ますが、金融系はどのITインフラをとってもこれでもかと言うほど障害試験を実施してました。

またこれらに使われる機器は、コストパフォーマンスよりも堅牢性を重視する傾向がありました。
一方、クラウドはとにかくコスト重視の作りです。最悪機器故障によるデータロストは返金して終わりです。データやサーバリソースへの冗長性はユーザが担保するのが前提です。
そのせいなのか、金融系インフラからクラウド事業者に転職した時にインフラへの考え方があまりに違うので驚きました。

それでもクラウドの方がコスト安いのでは?という向きには実際にリソースで計算されることをおすすめします。

クラウドのメリットはハードウェアを持たないこと、俊敏に計算資源を調達できることです。

金融機関が求めるような高セキュリティやインハウスで長期的運用によるコストではまだまだ未熟に感じます。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
210 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
191 兆円

業績