新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
宏光Mini EVが、欧州規格に安全基準に適合するよう改良&調整されて、欧州デビュー…価格は9999ユーロ(約130万円)〜。

五菱やGMが対応しなくても、その国のビルダーが、その国の安全基準に適合させる作業をすれば、世界展開できるのですね!

ということは、日本でも、誰かが「Dartz Motorz」のようなことをやれば日本の安全基準に適合したクルマを作れるかも!

ただ、価格は、やはり150万円前後になってしまうのでしょうね。

(以下、記事中から引用)
公式サイトが公開されていましたが、とてもシンプル。欧米メディアの記事で確認すると、『宏光 MINI EV』の欧州進出は中国の上汽通用五菱汽車(SAIC-GM-Wuling Automobile)やGMが直接手がけるのではありません。極度にヘヴィデューティなラトビアの自動車メーカーである『Dartz Motorz』が『FreZe』というEVブランドを立ち上げて、『宏光MINI EV』のプラットフォームを欧州仕様に改良&調整して発売するスキームになっています。『CENNTRO』社の小型商用EVのベースモデルを日本仕様に改良している『ELEMO』の仕組みにも似ています。

『ELEMO』を日本で発売している HW ELECTRO もベンチャー企業ですが、公式サイトを見る限り『FreZe』もまずは心意気先行のベンチャー企業、のようです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません