新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
就職活動がオンラインでも参加できることは、

・移動コストが削減できる
・地方で頑張っている人たちも採用しやすくなる(されやすくなる)

などメリットがあるので、実は採用難易度が上がっているのではないかな?と思っています。

採用をしている立場からすると、意外にオンラインでも採用ができるなとわかりました。言葉のキャッチボールの心地よさから地頭力やコミュニケーション能力もわかるなというのが気づきです。。

目をつぶりながらも面談できるなと思っています(笑)
人気 Picker
私も大学講師兼任してますが、コロナでリモート授業が中心になったことで、明らかに学生のサークル加入率が下がる一方で、バイトの活動度合いが上がっています。
学生の話を聞くと、確かに就活に要する移動のコスト等は減ったが、情報収集が大変で、知らぬ間に採用が終わってしまった企業などもあり、学生相互のカジュアルな横の情報交換が減ったことで、それなりに苦労しているようです。
入学を機に上京してきた学生が半分近くになる本学ですと、東京に出てきたメリットを説いたりしていたのですが、就活でのアプローチができることもメリットのひとつとしてあげておりました。

コロナによるオンラインでの説明会や面接で、ロケーションによる就活のメリットは低くなっていると思います。企業にとっても、メリットはありそうです。
「オンラインでの就職活動が増え、宿泊費などが減少したのが要因とみられる。」
交通費もですね。特に地方の学生さんにとってはとても大きいですよね。
移動にかかる時間も節約できてその分別のことに時間を使えるのも良いと思います。ただ実際の企業をリアルで見たり、従業員さんと対面で話すことで得られるものもあるので、機会があれば大事にしたいですね。
素晴らしい。一方で私がやってたころは移動費用は出してもらえたし、被ったら移動費二重でもらえるなんてこともあった気がするけど時代が違いますかね。リクルートスーツだけは早く無くして欲しい。リクルートスーツ買って、その後通勤用のスーツ買わなきゃ行けないのは結構キツかった。誰も強制してないと思うけど、何か無言の同調圧力あるよね。
宿泊業界にとっては大きな痛手ですけどね
#キャリアコンサルタント
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
12.5 兆円

業績