新着Pick
597Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
TikTok、イギリスとアメリカはYouTubeに比べて圧倒的に長い時間見られています。特にその視聴者を年齢層で見ると、これまで言われていることですが、若い世代への訴求力が確実にあります。

アメリカでは、10-19歳までの利用者が全体の25%。20-29歳が22.4%。

NewsPicksも多くの若い世代や、これまでにリーチできていなかった層を目指してTikTokを使っていますが、どうやったら最も効果的なのか試行錯誤中。動画チームと一緒に、「なるほど、そうなのか!」と勉強しながら、取材しました。
B2Cマーケは忙しい!Facebook、InstagramのSNSプラットフォームの活用に慣れてきたと安堵していたマーケターからは、今度はTikTokを使いこなせばという悲鳴が聞こえてくる。それにしても若い世代は、新しいものを見つけて生活の一部にしてしまうのが超絶早く、そのトレンドキャッチの素早さと適応力には感心してしまう。

企業のTikTok活用については、マーケティング目線からだと、各企業のマーケターのクリエイティブ力を見たり、おもしろ/クリエイティブなアイデアを創作できる環境がその企業にあるのか、など少し深く掘って見るのも面白そう。

B2Bの商材を扱う企業にとっては、関係がなさそうにも見えるが、将来を担うZ世代人材への企業周知活動の一環として意識はしないといけないだろう。もっとも、目の肥えたZ世代にとって、質の悪い動画や平坦でオチがない内容であるとマイナスイメージとなりかねないため、B2C企業が得意とするストーリー性やクリエイティブのある“バズる”動画作りへの投資(適任者の選出、時間)とある程度の継続性は必要となるであろう。
アメリカで50代の女性が、甥っ子から勧められたTikTokで、シワ取りクリームの効果を3分ほどの動画で投稿したところ、フォロワーが数人だったのに、いきなり2700万回視聴回数と500万回イイねでバズったというニュースもありますね。全米中でクリームが完売になったとか。驚異的な数字です。しかも、ご本人は世界中に自分の動画のアクセスがあるとは、気づいていなかったそう。

SNSの中でも、やはりTikTokの効果は、「ビジュアル的にわかりやすいコンテンツ作り」ですね。こういうデジタルのトレンドは、欧米が先行する傾向にあります。10数年前に海外ブランドのマーケティングを統括していた頃、よくアメリカ本社のPR責任者から「日本でもっとYouTubeを強化して!」と言われたことを思い出します。

TikTokの勢いはこれから増すばかり。特にZ世代へ今からリーチするには、必須なメディア。企業のTikTok戦略の重要性、増えていきますね。
目的なく面白いものをチェックというときにはTikTok。フィンテックや金融という難しい分野でもTikTokが使えるかどうか。短尺を活かしたコンテンツにチャレンジしてみようと思います。
TikTok見てしまいますよね。
自分は時間が溶けるのが怖いのであえてDLしていないです。

一時期流行ったclubhouseに隙間時間を奪われていた方は沢山いたかと思いますが、コンテンツの魅力が落ちてきたためプラットフォーム自体が廃れていきました。
その点、TikTokは質の高いコンテンツが毎日生まれ、ほんの数分あればチェックできる。強い。
中国で言うと、

①企業公式アカウントは、どんな大手でも上手に回せてるところが少ないのと、短編動画をそれなりのクオリティで上げ続けるのは効果の割に手間とコストがかかるので、自社アカウントを太らせる、というよりインフルエンサーを活用したほうが手っ取り早い。

②インフルエンサーも、中国は諸外国と異なり、ライブコマースが発展しているのでシューティングの動画投稿プロモーションより、TikTok内のライブコマースの方が費用対効果が高い。

③安価で衝動買いしやすい1500円以下が売れやすい傾向(短編動画を大量に見るので、検討させる時間はあまりない)

という感じになってます。
本業とは別に音楽を作っているのですが、tiktokは拡散力という意味では、YouTubeやTwitterに比べて、圧倒的に強いと感じています。
*特に無名の人ほど、TikTokに向いています

周りのトラックメイカーやミュージシャンも無名のうちは、TikTokでフォロワーを集めて、そこからYouTubeや自分のSpotifyに繋げるという例が非常に増えているので、今後もこの流れは続くと見てます。

魔法の絨毯とかTikTokだとバズってましたけど、一般の認知ってそんなに高くないんじゃないかなーと。今年だとAdoのうっせえわとかもTikTokでまず最初に拡大して、そこからYouTubeで更に拡大って感じでした。
曲から流行って、そうすると素人も真似できて、とこれもバズが作りやすいのがキーですよねthx!
試聴時間に関しては、日韓はまだYouTubeの方が大きく上回っているのか。でも少し下の世代になると、越すのは時間の問題かってくらいTikTok観てるよねぇ…
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
Premiumを無料で体験
登録・ログイン