新着Pick
The Wall Street Journal
【ベルリン】自動車メーカーがよりクリーンな鉄鋼を求めて奔走している。  業界のアプローチは、再生鉄鋼を多用するローテクなものから、従来の石炭火力発電ではなく水素を電力源とする製鉄所から鉄鋼を調達するといった、まだ実績に乏しい方法まで...

この記事は有料会員限定の記事となります。

61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
CO2排出量というと、多くの方は「電池か…」と思わますよね。それは正解です。電池がEV車両全体の排出量の多くを占めます。

しかし、その次に来るのが「鉄、アルミ」といったボディを構成する金属素材なのです。理由は、この記事に書かれているように、製造時に多くのエネルギーが必要だからです。

「グリーン・スチール」「グリーン・アルミ」「グリーン・メタル」という言葉が、これから多く聞かれるようになると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「Well to Wheel」で考えた時、グリーンスチールの獲得は自動車メーカーにとって重要な要素になってくると思います。
ーー
欧州連合(EU)の気候変動対策計画「グリーンディール」は、2050年までに域内の製造業とそのサプライチェーンに対し、カーボンニュートラルの実現を義務づけている。