新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フードデリバリーは共働き世帯あるいは高齢化世帯、今後の日本に必要な社会インフラになるという信念の元、腰を据えて投資します。

またeコマースの即配網としての活用も期待されており、ZHDグループのシナジーの中核になる可能性があります。
paypayも年間1000億円掘りながらも利益が出そうな水準まで持っていってますし、札束殴り合いでインフラを取りに行く戦いではSB、Zグループはひかないでしょうね
ビジョンファンド経由で海外での札束競争の参考事例もたくさん見ているでしょうから、そこからすれば日本での投資はまだまだ可愛いものかもしれません
出前館としても傘下入りしなければ単独では全く太刀打ちできないレベルの戦いにだったので、陣営に入ったのは良い判断でしたね
フードデリバリーのインフラとしてだけでなく、あらゆる商材の「last one mileのデリバリー」として定義すると、色んな可能性が広がりそうですよね。
札束の叩き合いがどこまで加熱し、どれくらい続くのか。

この間、消費者は外食するよりもメリットを受けるので、当面はデリバリー多用に決まりですね!
外出規制なくなるコロナ禍後が本番です。まだまだ前哨戦。
面を取って深掘り。
夢の街創造委員会株式会社(ゆめのまちそうぞういいんかい、英語: Yume No Machi Souzou Iinkai Co., Ltd.)は、ウェブサイトを介して主に食事などの宅配サービスを行う企業。JASDAQ上場企業。日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」を運営する。 ウィキペディア
時価総額
1,085 億円

業績