新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パラリンピックが終わって1週間余りが経ち、現時点での総括として非常に含蓄に富む記事です。

東京パラリンピックは共生社会の象徴とされながらも、IPCの掲げるパラリンピックの価値「勇気・強い意志・インスピレーション・公平」のうち、公平以外の3つは選手個人の頑張りに依存していることについて、大会前から警報を鳴らしていた星加准教授のインタビュー。

パラアスリートをスーパーヒューマンという困難に打ち勝つ象徴としてプロモーションが行われたロンドン大会では、一般的な障害者にとってパラアスリートは別世界であり、大会後にはむしろ障害への理解が遠のいたと感じる人が多かったという調査結果も出ています。

パラリンピックがスポーツとして発展を遂げ、障害理解や共生社会の促進というコンセプトから独立しつつあるのかもしれません。