新着Pick

道路交通量の調査員廃止へ カメラとAIで常時観測―国交省検討

時事ドットコム
国土交通省は、全国の道路交通量調査で、調査員ら人手による観測を廃止する方向で検討に入った。交通監視カメラの映像を人工知能(AI)で解析する手法に転換し、業務の効率化やコスト削減を狙う。将来的には交通量を常時観測できる体制を構築し、渋滞対策などにデータを活用できるようにする。
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高速道路や有料道路の料金所係員も廃止してほしいな。国交省の外郭団体は天下り先だから、なかなか廃止されないんだろうけど。カメラの画像認識で使えば、スピード違反の取り締まりも効率的に自動化できそう。
スマホの電波拾って各キャリアに協力して貰えばそれすら必要無いんじゃないの?移動速度でクルマかどうかの判定くらい簡単にできそうだし。無駄に画像解析にお金使わされるカモっぷりが目に浮かぶので。
調査員が人手で作業するのと、
カメラで判別するシステムの納入費用。

後者の方が高かったら笑いますよね。
交通センサスは断面交通量の調査なので人手でなくてもできるでしょうね。
そもそも、カメラでなくても計測機器は以前から設置されてますし。

交差点はまだ無理かな〜
この目的だけを考えてカメラとAIを使うのではなく、広範囲な活用を他省庁(例えばデジタル庁)とも連携して「インフラ」として構築できればよいですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません