新着Pick
250Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
田舎で暮らす僕の母親は、今年90歳。数々の病気に冒されながら、今も広い敷地の庭中の草抜きを怠らない。生ゴミは畑の肥料に。紙や木片は、お餅や団子づくりの時の焚き物に。いただきものの包装紙は、全て丁寧に剥がして、ご近所に配る手作り巻寿司の包みものに。たまに手に入れるスーパーのレジ袋は、何度も何度も再利用し、洗って破けるまで使い切る。

築100年近い木造建築は、あちこちからスキマ風が入ってくるけど、真冬に「寒い」と訴えると、「服を着ろ」と諭される。真夏にも、よほどのことがない限りクーラーのスイッチを入れることを嫌う。

エコだ、SDGsだ、サステナブルだ、もちろんそんな単語は一つも知らない。でも、僕の知る限り、彼女が最もそれらの言葉に近い暮らしをしていることに、ただただ驚き感動してしまう。

理屈や知識もいいけれど、基本的な暮らし方と価値観を変えない限り、表層的で浮ついた、それこそサステナブルじゃないブームに終わりはしないか。多少寒かろうが暑かろうが、電気を使わず、僕たちは我慢することができるだろうか。食べ残しのないような買い物や注文をセーブしているだろうか。なくてはならないモノ以外をむやみに購入していないだろうか。まだ使用できるものを、簡単に捨ててはいないだろうか。

まさに記事のタイトル通り「世界を動かすのは地道な活動の積み重ねだ」。それも理屈やポーズや建前だけでない、一人ひとりの「地道な活動=暮らし方」だ。
コロナ禍でステイホームが続いていて、プラごみの捨てる量がすごく増えて、ゴミ処理について何とかならないかと思ってました。また、分別してゴミ出しすれば、リサイクルされると思ってました。リサイクル率20%(OECD平均34%)というのはかなり低いので、改善の余地が相当ありそうですね。45種類に分別するというのはなかなか大変なので、製造者側にも働きかけて使用する材料の数を減らすという活動も必要だと思います。
日本のリサイクル率が約20%とは知りませんでした。今回の連載にあるかどうかわかりませんが、絶対値としてごみそのものを減らす、包装だけでなく「タダ」の割りばしとかスプーンとか、も根本の問題としてあるのだと思います。
小中高の同級生です。同じクラスになったことは少ないですが、何も考えず遊び呆けていた私と違って子供の頃から聡明な人でした。
先日に掲載された上勝町の記事で、ゼロウェイストアカデミーの理事長が変わっていたので気になっていましたが、次の1歩を踏み出されたんですね。連載楽しみです。
今週のシゴテツでは、ごみ問題について坂野晶さんと一緒に考えていきます。ゼロ・ウェイストを目指してきた徳島県上勝町の取り組みは少しずつ波及し、海外で真似をする事例も出てきています。小さな活動が世界を少しずつ変える事例から、勇気をもらえます。
45種類のごみ分別を行い、多くのごみを資源として循環させることに成功している徳島県上勝町。ゼロ・ウェイストの取り組みのきっかけは、町の焼却炉が使用できなくなったことといいます。

同じような事例として、27種類のごみ分別、82%(2019年度)のリサイクル率を誇る鹿児島県大崎町も、焼却炉の建築は維持費が難しく周辺住民の協力が得られないだろうということで、埋立処分場延命のための徹底分別に踏み切ったといいます。こちらは人口1万人超えと、規模がやや大きめの町です。

カーボンニュートラル宣言を踏まえ、これらのゼロ・ウェイスト・ヴィレッジ/サーキュラー・ヴィレッジを手本に、「埋め立てない」「焼却しない」の選択肢を多くの自治体で再考する段階となっています。しかし、これらを選択するためには、住民の多大な協力と徹底的な管理が必要です。

徳島県上勝町にも、鹿児島県大崎町にも、多くの自治体が視察に訪れているといいます。人口が多いから、分別が困難な層が多いから、管理が行き届かないから、既存の焼却炉の有効活用が必要だから、という理由で安易に「できない」と結論付けるのではなく、どうすれば実現可能か、一部だけでも取り入れられないか、を考えることに価値があると思います。そんなヒントを本連載で見出せることに期待したいです。
坂野晶さん、とあるWeb会合でお見かけしてから気になっていました。2019年のダボス会議で共同議長を務められた方です。連載楽しみ!
環境やサステナビリティへの意識を行動に、そして習慣にと繋げていくメカニズムを考える上での新しい知見が得られるかな、と連載に期待しています。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。