新着Pick
538Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
休みだけど、この日30分のテレカンだけ出ようとか、リモートワークになったことで、細切れに仕事参加が可能になった弊害は大いにありますね。

切り替えるのはそんなに簡単じゃないので、24時間中30分だけ仕事をしても、30分の前後1時間くらいの2.5時間分は休みモードじゃなくなる感覚です。

人間の切り替え力の低さを認識しなきゃ行けないと思いますね。
人気 Picker
休みの日にお出かけしても、最初から最後までリモート会議のことが多く、単に付いてきた人、みたいになり、一日でよいから、心身の為に完全に何もない日があるとリフレッシュできるのにな、と感じます。

燃え尽きというのかは分かりませんが、「完全オフ」が難しくなってきており、自分で調整する、相手にも伝える強い意志が必要な時代に。
皆にとって未知なる境地なので、日系であろうと海外企業であろうとコロナ禍における従業員のメンタルヘルス問題への取り組みに対する記事には目を通すようにしている。やはりセラピーやカウンセリング、メディテーションアプリの利用などは、一時的にしか有効でないように思える。人材の流動性が低い日本に限って言えば、転職が避けられないルートとなっているのはそこまで悲観的になることではないかもしれない。

企業としては、帰属意識の低下も懸念材料であり、対処策としての休暇の取得を推奨しても効果が限定的と感じる場合も多いだろう。

結局コロナ禍だからと言って特別な策を取ろうとするのではなく、働きがいを感じることができる企業文化を作りだすことが長い道のりであるものの、近道になるという結論に至ってしまう。

ちょうど15年くらい前に質問する機会があった偉大な経営者ジャック・ウェルチは、人材への投資は、将来の企業成長への投資であると力強く話していました。あれだけ業界ナンバー1にこだわり、事業売却を推し進めた名経営者が到達した境地。今一度立ち返らねばと考えさせられます。
金融機関だと、一年に一度、二週間連続休暇とかとらなきゃいけなくて、最初は不安しかなかったですが、組織はそれでも回るように、普段から努力しなきゃいけないなとおもえるようになったし、なによりフランス人とか一ヶ月の夏休みとか平気でとるんですが、それでも会社は回るしつぶれない。
休んで携帯を放置する勇気も必要であると同時に、普段から休みのひとをチェースしないようにする配慮も大事です。

燃え尽きたことある人間として思うのは、リセットする時間しか復活の術はないと思うので、不安にならずにゆっくり休むこと、そして元気がでてきたら自己研鑽に励むことかな?
だから、わたしは、サバティカル休暇っていまの時代すごい大事だと思うんですよねぇ。
日本は年末年始とゴールデンウィーク、夏季休暇、そしてシルバーウィークという長期休暇を取れる機会があります。ただ、1週間の休暇や会議禁止デーを導入したからといって、燃え尽き症候群への防止になるとは思えません。

日々の生活でどれだけ緩急のリズムをつけられるかが改善策だと思います。リモートワークで同じ空間にとどまっていては鬱状態になってしまう。外に出る、自然に触れる、ペットと遊ぶ、楽しい音楽を聴く、という生活のリズムを企業文化に組み込めば、問題は解決するのではないでしょうか。
覚悟しないと、しっかり休めない時代になりました。
ウェブメディアの運営をしているので、なおさらかなと感じていましたが、コメントを読むと、みなさん苦労されていますね。
コロナモードになってからワーケーションの旅を毎月行っています。その中で3泊4日の旅のススメをしています。
切り替えは日単位ではなくタスク単位で。
月に一回、または二回、旅とワーケーションは、金月を有給使い、休みの日に仕事も遊びもして見てます。これを体験すると、色んな時間軸で皆が動いているのを感じられます。
タスク次第で判断します。休みの日に打ち合わせ出る出ないも自分の判断。カレンダーに旅、と入れておけば余計な連絡は来なくて、大切な打ち合わせだけに集中出来たりする。
ルールや決まりはもう無理があるので自ら模索してみると面白いですよ。それなりの結果ないと、信頼関係失いますが。
会社員でフリーランスみたいなことです。
どの業界も今、心が休まらない状況が多いのかなと思います。僕も休みが休みになってないこともしばしば。