新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょっと違う視点でコメントします。
日本で貧困に直面している人は7人に1人、これとは直接関係ありませんが、知的レベルに問題を抱える人は7人に1人います。私が子供の頃はまだ名前がついていなかったADHD(注意欠陥・多動症障害)も、学習面でついていくのが難しい症状です。一方で、ADHDで活躍している経営者も何人も知っており、必ずしも障害が問題なのではなく、個性の出方が違うということなのかなとも思います。なので、切り捨てることなく、しっかり支援することが大切だと思います。
素晴らしい取り組みかな、と思います。

欧州の大学では、全ての学生に世界一のマーケティングの授業をオンラインで提供したり、DXが最も必要なのは、教育なのかも知れませんね。少しでも沢山の学生の方々に素晴らしい授業が行われる事を祈念します。
「『ともに学び、ともに育つ』多様な教育実践校(仮称)」の理想を掲げているものの、現場での対応はかなり難しそうです。実現されて良い教育環境をつくることができ方法を見いだせることを期待したいです。
支援体制も重要ですが、学生(保護者含む)側の『受験という競争環境』の意識が高いところほどハレーションが起きそうです。
学校教育の目的を再設定し浸透させないと、『分け隔てない支援教育』は双方のいがみ合いという結末に終わるリスクが高い。
社会に出た後を考えた交流の大切さは言うまでもありません。
学校教育の本来の目的を、これを機に改革してほしいですね。