新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今週末のマクラーレンの勢いは凄かった。ただ、その中で、最終的に1・2フィニッシュとなったのは驚きの結果ではあります。このレースの最大のトピックはフェルスタッペンとハミルトンのクラッシュ。正直なところ、両方のドライバーが大きな怪我をすること無く歩いて戻ってきたことが良かったと思うくらいの大きなクラッシュだった。チャンピオン争いが熾烈になる中、お互い譲れないポイントだったと思いますが、残念な結果になってしまった。
リカルド以上にザック・ブラウンが最も歓喜に沸いたのではないでしょうか。ホンダレーシング もインスタで称えていたあたりが、やはり大人だし、余裕があるようにも思えました。

リカルドはルノーへ、レッドブルから移籍し、なかなかフォーカス出来ていなかったのか、何か迷いと焦りがありましたが、マクラーレンでようやく本来の良さが戻って来ましたね。それにしてもモンツァのストレートでのマクラーレンは速かった。

個人的にはハミルトンとクラッシュした際に、マックスが大丈夫かい?と一言声もかけずに去っていったのは残念。きっとセナだったら真っ先にドライバーズシートまで駆け寄って行ったでしょう。いつかマックスもそんなドライバーへと、メンタルがより成長する事に期待したいですね。
まずは、ダニエル、ランド、そしてマクラーレ、1-2フィニッシュおめでとうございます。

苦労した時期が長かったダニエルの最高の笑顔、久々に見ることができてよかったです。ランドも、よい経験だと思います。

そんなレースで感じたこと。いずれも、マックスとルイスに関係すること。
最後まで、フェアなチャンピオンシップ争いになりますように!

1.マックスとルイスがいないと、レースは、これだけ拮抗するし、おもしろい
2.マックスとルイスは、一時期のアイルトンとアランの関係に似てきた(良くない)
3.ヘイロー(Halo:ドライバーの頭部を保護する車体構造)の効果が実証された(なければ、マックスのタイヤがルイスを直撃していた)

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません