新着Pick

NY株続落、271ドル安 インフレ警戒高まり

共同通信
【ニューヨーク共同】10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日続落し、前日比271...
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先週の雇用統計の悪化が尾を引いていると思います。景気の想定外の悪化には2つの原因があると思います。コロナ感染の増加と物価上昇です。コロナ感染は子供に広がり、新学期と重なったため、世話を見るお母さんが仕事に就きにくい状況になっています。物価はサプライチャーン障害もあり大きく上がっています。最も川上の生産者物価はゆっくりではあるものの低下に向かっています。ただ、まだ消費者物価には波及しておらず、個人消費は物価高の悪影響で目に見えて控えられ減速しています。両方とも一時的な悪材料であり、株価の下落は一時的だとは思います。とはいえ良い方向に好転するのを見届けるまで、小休止といった所ではないでしょうか。
ここ数日、債券価格が不安定になっています
その影響が大きいように思います
10日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価、終値は「前日比271.66ドル安の3万4607.72ドル」で取引を終えています